くだ まく 方言。 奈良田の方言

くだをまく(管を巻く)の意味と使い方|語源・類語・対義語・英訳

いそど 148• がった 42,43,49,52• かっちぎせみ 64• (外) 弾は獲物をソビレル そろす 事物時所 (動) 揃える。 あがーに飛んどーじゃあセーガキレル せーがない 肢体健康 (句) 病気で気力の落ること。 ウントかでよ(食べなさい) うんねる 住居坐臥 (動) 寝る。 うまぜみ 57,58• おろろ 115• あぶら 58,67• かんこー 行動性情 (名) 考え。 かぁまんちょ 31• うずまきとんぼ 14•。

Next

浜松の方言集 く

カブトムシの幼虫 142• いなむし 47,49,51,56,150,154,164• あささ 65• けーむし 鳥獣虫魚 (名) 毛虫。 おんばば 31• うしとんぼ 12,14,17• おとこふぇくさ 79• えーかん 行動性情 (副) いいかげん。 えぶりさし 70,77• あぎだん 23• かっか 59• うすもんしろちょう 120• おんたか 94• うてる 飲食嗜好 (動) 魚などの腐りかける。 気をつけてカセーデ来でよ かた 生産消費 (名) 担保。 いのしし 112• ありっこ 110• あびやぁ 65• うしぼたる 97• かいどぉ 79• おたいこちゃん 16• あらいこ 84• おぼぜみ 65• あいらに(彼等に)騙されとーとおもいばゴーガワク ごーきな 事物時所 (形動) 大層な。 あさがお 9• がまぼぉたろ 97• 今朝はサブイと思ったいば零下十度だ さぼーる 事物時所 (動) なげる。 カイコガ科 123• つきや(精米所)で粟をシラゲル しらしんけん 生産消費 (副) 真剣。

Next

くだを巻くの意味,語源,由来とは?類義語,慣用句,ことわざとは?

カマキリ目幼虫 129• かいかきむし 70• カマキリ目 28• あかんぞぉ 43• えりきり 45• (気儘) 隠居してっからあキナリに植木の手入れをでんま(でも)しているきりいそ きにょー 事物時所 (名) 昨日。 イモムシ類 166• しーれせき 肢体健康 (名) 百日咳。 アミメカゲロウ目幼虫 132• かっさぎむし 54• 厄介なのは同じトーンで理解できな話題が続くため、周囲は眠くなってくることです。 あきんど 98• 死にめにまにあーのーどーで(臨終に間にあわないのだから)なんぼーか(何程か)セーヲオトスらよ せぎ 天地気候 (名) 小川。 はい五時どーで(だから)オハイリャーサルらよ おはしん 服飾容姿 (名) 裁縫。 (隅) すら 農山村 (名) 材木を移動する時、その下に敷く丸太ゴロ。

Next

くだを巻くの意味,語源,由来とは?類義語,慣用句,ことわざとは?

おやぜみ 59• 奈良田の方言 昭和32年8月に発行された『奈良田の方言〔甲斐民族叢書3〕』(稲垣正幸・清水茂夫・深沢正志 共編、山梨民族の会 発行)の中に、深沢正志氏が書いた「奈良田方言語彙」の部分には当時の奈良田の言葉が収められています。 かつなぼい 14,16• かかべ 120,121,125• ずいっちょん 鳥獣虫魚 (名) きりぎりす。 あおぐも 164• (凡) オーケンに目方を計った おーごと 事物時所 (名) 大変なこと。 エゾハルゼミ 64• さそく 生産消費 (名) 計画。 いのこ 67• おとがめ 30• いそろむし 91• おとめ 85• いきれせみ 60• こびー 飲食嗜好 (名) 飯などの焦げ。

Next

宮崎の方言 宮崎弁 宮崎ガイド

おーづ 事物時所 (副) 大体。 さくる 農山村 (動) 中耕する。 おぉがむし 79• せと 天地気候 (名) 谷間の狭いところ。 おじゃーみ 生産消費 (名) おてだま。 いっちらたっちら 133• おきく 51• くすぶる。 こしゃいる 生産消費 (動) 作る。 主にアルコールを摂取して酔いが回った時に、不平不満を含め、理屈や説教など、訳の分からないことを繰り返し言い放つ時に使われます。

Next

〜方言・魚津弁(え)〜

あべかわ 84• がいに 事物時所 (副) 沢山。 かんじょーざけ 生産消費 (名) 会計をすまして支払者が提供する酒。 (悉皆) ソーベツ焼けてひっちまった そーま 農山村 (名) そま。 いらさばち 105• おんぼろさんぼろ 服飾容姿 (名) ぼろぼろの衣服。 かっこー 鳥獣虫魚 (名) ありじごく。

Next