ご 送付 ください。 上司や顧客に使える!ご送付について 手紙やメールに添える言葉の解説

書類送付案内状/書類送付 添え状/資料送付状》書き方例文/雛形テンプレート

・本日、宅急便によって商品の発送を完了いたしました。 このうち、謙譲語は自分の行動に対してへりくだった言葉を使うことで、相手を相対的に上げる敬語です。 書類の送り主、担当者、連絡先を知らせる。 「お送りいたします」を使った例文 ここからは、「お送りいたします」を使った例文をご紹介します。 より丁寧な言い換えにはたとえば、• 【本 文】件名 前文 主文 末文• 「お手数ですが、資料をご送付願えないでしょうか。

Next

送付状の書き方|シンプルで使いやすい恥をかかないテンプレート

」という一文がありました。 (例) ・恐れ入りますが、送っていただけますでしょうか ・申し訳ございませんが、送っていただけますでしょうか ・お手数ではございますが、送っていただけますでしょうか こうすることで、「送ってください」という気持ちをさらに丁寧に表現することができます。 「送付(する)」とは、「送り届けること。 また、 頭語と結語も付けます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 結び: 日本語の「敬具」にあたる部分です。

Next

「ご送付」の意味と使い方・敬語の正しい表現|ご送付ください

ビジネスシーンにおいては、書類を送る際には送付状を同封するのが礼儀です。 結構反応が良く、... 相手先会社名・氏名の後ろには「御中」や「様」をつけます。 ・別記(記と文書の中心位置に記しその下に箇条書きで送付書類などを記入)• 「ご送付」の「ご」は敬語になります。 例文『ご了承いただければ幸いです』• ここでは、この送付案内状についてご説明します (送付状、書類送付案内書とも言います)。 たとえば、• 文章は左揃えにしてひとつの文章ごとで改行するなどしてまとめると見やすく読みやすい文書になります。 ・お問い合わせの件につきまして、資料を添付して送付しました。

Next

「送付」の意味、敬語「ご送付」の使い方!「添付」との違い、類語や反対語、英語も紹介

例文『ご連絡いただきたく存じます』• 他にも「資料送付の件」というタイトルで、取引先との資料の受け取りメールを送ることができます。 ・明日の会議の資料をご送付いたしますので、ご確認ください。 2.「ご送付」の「ご」は謙譲の接頭語です。 おそらく、自分に選択肢が与えられていることに気づくことができるはずです。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 3 クッションになる言葉と組み合わせる クッションになる言葉とは、「ご送付ください」の前にプラスすることで表現をやわらげるための言葉のことです。 「ご送付ください」で要求する 「ご送付ください」にどのような意味があるのか最初に理解しましょう。

Next

送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

別記したい注意事項などの追伸文がある場合は「なお、~」として最後に書き入れます。 ここで「ご送付のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。 言葉の意味をしっかりと理解して、それぞれの場面に合わせて正しい送付の使い方をしましょう。 使い方は文字どおり、上司や取引先になにかしら送付してもらいたいときのビジネスシーンで使われます。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかではあることですよ ね。

Next

敬語でこれを言いたいときは?「送ってください」の場合

「ワードでお送りいただけますでしょうか」の丁寧表現• ビジネスにおいてはそれがかなりのデメリットになってしまうと言えるので使い方には注意しましょう 「ご送付」は頻出用語でありながら間違えやすい 意外かもしれませんが、この「ご送付」という敬語はたくさん使う割に、使い方を間違ってしまう事が多いものです。 ビジネス関連や健康分野、デザイン関係、茶道、アウトドア、DIYなど幅広い分野のオウンドメディアに連載中。 3.ここでは「送付する」のは相手の動作になるため、相手の動作を敬う尊敬語が使われていますのです。 ~~見積もりを取って欲しい。 もし、セロ窓付き封筒をお使いの場合で、請求書に宛先住所を印字するのが難しい場合には、下記の送付状(書類送付の案内状)のテンプレートで、左上部の「御中」とある部分に先方の住所や宛先を出力できるよう位置合わせをしてお使いください。 すべてを学ぶことは難しいことかもしれませんが、貴方の知った敬語の知識は必ず力になってくれます。

Next

送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

タイトルでは、内容を知ることのできる簡単な表現を用いることが、相手に対する親切に繋がる、ということを忘れないようにしましょう。 ご送付いただきますよう・賜りますよう〜 目上・ビジネスメールにつかえる丁寧な「ご送付ください」の言い換え敬語• <6月〜8月> ・入梅の候、・夏至の候、・盛夏の候、・炎夏の候、・残暑の候、・立秋の候、 ・暑中お見舞い申し上げます。 確かに、「お送りいたします」という表現は「送ります」よりも丁寧で謙譲の度合いも高いです。 この点については、人によって下す結論が変わってきます。 ・送信年月日 ・相手先会社名、氏名 ・書類作成者会社名、氏名 ・頭語と結語 ・挨拶文 ・送付内容 相手の会社名、氏名を書くときは、敬称の付け方に気をつけます。 例えば、「ご多忙中のところ大変恐縮ですが」「お手数をおかけいたしますが」といった言葉がこれにあたります。

Next