おむつ バイブ。 「おむつデート」★☆☆☆☆

芳実6

四本の木ねじで壁に固定されている大型のフックは、女の力でどうにかなるような代物とはとても思えない。 」 洋子は、ツルツルの秘所も隠さずオムツの上にお尻を乗せた朋子の姿を写真に撮っていった。 尿とりパッドはmaxで1. 呼び出されてね」 「ちーちゃんに?」 「ふふ、これで何回目かな? この本を買ってること、お姉ちゃんに知られてもいいのって脅されたよ」 「ちーちゃん・・・また・・・」 「千歳ちゃんは知らないからね。 「やっぱり、オネショしちゃったのね。 私は、看護師がしていた通りに長いゴム手袋を嵌めてゼリーを取り出すと、アナルの中に注入してから浣腸カテーテルにも塗りました。 時々ストーリー分岐アンケートありメッセか感想で承ります。

Next

リモコンバイブ 着用姿 真央美

なんだかもったいないので、ブログにアップしていきます。 「命令してあげます。 どうせ自分の金ではないとあって、豪気なものだ。 「はい、はい。 朋子の相手の麻里さんは、一週間以上来ていなかった。 「おむつは家だけで許してあげる。 気持ちよかったかい?」 「うん・・・。

Next

【凄い熱気】「おむつ」をテーマにしたファンイベント「おむパ!」が秋葉原で開催

「でも、亜紀夫さんはマゾ傾向もあるし、女性の下着にも興味があるんでしょう? 女の子にもなって虐められるのが いいんでしょう?」 亜紀夫は、その問いかけにも素直に頷いた。 ワンピースや薄い生地のスカートなどの場合は、ちょっと注意したほうがいいかもしれません。 ページを繰りながら股間をまさぐる美加の、息遣いが艶かしい。 あなたにグリセリン原液を浣腸して直ぐにフィストして浣腸刺激と腕まで入れて排泄不能にしてオマンコに家庭用の電動マッサージを入れてお漏らしする程に快感を味わうところを 見てみたい。 おむつに包まれたお尻を突き出し、小さく振っているのは、教え子に対する媚態なのだろう。 「ちゃんと・・・拭いてよ」 仕方なく口にした言葉に、雪乃が嬉しそうに頷いた。

Next

浣腸とオムツの記録: 浣腸&バイブ&オムツ

亜紀夫さんは浣腸したことはあるの?」 「一度だけ。 背徳感があるが、着用しているのは成人しているレイヤーさんたちなので、「これぞ合法ロリ」とカメラマンのファンも増えてきている背景がある。 そんな諦めが体を覆っていく。 大野は無感情に顔を上げ、小さく頷いてみせる。 手を止め、首をかしげる少女に、麻紀が拗ねた目を向ける。 たしかにイベントのサブタイトルも「おむつっ娘オフ会パーティ」とある。 中には自らレオタード系制服のコスプレを披露する猛者(男性)がいたが、周囲の人たちは「おおぉ…! 抜けないようにするだけならレギンスなどを履いてしまう、あるいはジーンズスタイルにするのもありです。

Next

「おむつデート」★☆☆☆☆

「決められないみたいですね」 助けを出したのは、ずっと様子をみていた初音だった。 母と子の偏った愛情 パート2 ゴムのおむつカバーを手に持った母は、局部が当たる部分が濡れていたのを見つけました。 お洗濯は私の仕事ですから。 「嫌なら、先生と同じにしてあげる。 」 「この写真の赤ちゃんは誰だと思います?」 「えっ……?」 「こっちの写真を見たら、わかるかな?」 洋子は、後ろ姿だが少しだけ顔が写っている赤ちゃんの写真を朋子に見せた。

Next

車椅子の幸

私は、看護師がしていた通りに長いゴム手袋を嵌めてゼリーを取り出すと、アナルの中に注入してから浣腸カテーテルにも塗りました。 「美加、おいで」 部屋のベッドに背中を預けた秀一は、穏やかに部屋の主を呼んだ。 「普通に・・・してよ。 強固な抵抗を押しのけた指先が、温かい空気の篭った洞窟へと入り込んだ。 車椅子に座らせて私は、ベッドの上にラバーシーツを敷きそして、おむつカバーと布おむつやアナルストッパーとバイブを引出しから取り出して用意しました。 ほら、千歳ちゃんに見られて、あんなに興奮してる」 「やっ! いやあっ! 離してっ!!」 穏やかな口調を保ちながらも、秀一の行動は大人しいものではなかった。 ベッドの彼女は何をされるのかと不安げに見ている。

Next

【凄い熱気】「おむつ」をテーマにしたファンイベント「おむパ!」が秋葉原で開催

麗子が目を覚ませば、アナルが絶えず広げられた様な感覚に気付く事でしょうが、それが痛く辛くても幸福感として受け止めるに違いないと、私は思った。 涎をたらし、オマンコからも愛液を垂らしながら、 俺のチンチンをおねだりしてくる。 浣腸しましょうね。 「まぁ!ホントの赤ちゃんと同じようにツルツル! それにしても沢山のお洩らしね。 腸粘液と少しの出血と浣腸液が混ざり合ったものが、ヌルリと出てきました。 麻紀が顔を覆うのと同時に、下半身が丸出しになった。 「千歳ちゃん、しっかり立つんだよ」 「離してっ! 離してよっ!!」 体を丸めようとする千歳を、背後に立つ秀一が強引に立たせた。

Next