紫電改のタカ。 紫電改は最強の局地戦闘機だったのか?|サバゲーアーカイブ

紫電改

私は 「えーレイセンに25番抱けるんですか」いうて。 『 丸メカニック NO. (国立公文書館)• 我々はそれについて いかないかん。 行って、ほいで、その中に 343紫電改で空戦やったのも 居りましたけれどみんな死にました。 , パブリック・ドメイン, なお、零戦 零式艦上戦闘機 の後継としては、 局地戦闘機が「雷電」、 艦上戦闘機が「烈風」と、いずれも三菱飛行機が開発した戦闘機を採用予定でした。 また着陸時には引き込み脚部のトラブルにより、343空戦闘301隊では(昭和20年)1月1日から8日にかけて、3日に1機の割合で脚部故障により紫電を失っている。

Next

零戦と紫電改と四式戦闘機を比較すると、どれが一番強買ったのですか? ...

343空は通常の援護ではなく、紫電改で制空権を確保して突撃啓開することで経路を確保する戦法をとっていた。 試作型では主脚を縮めるのに1-2分かかり、後に20秒に改善された。 引き上げには不発弾を懸念する宿毛海上保安部から懸念が寄せられたが、当時は参議院議員となっていた源田実元大佐・343司令が各方面に交渉し、また愛媛県議会も回収予算捻出を決定したことで回収が可能となった。 最大速度は11. 私は飛行長の志賀淑雄さんと 戦後ずーっと長いつきあい させてもろうて、いろんな話を聞いたけれども とにかくその時に、志賀さんは源田さんに 「司令、特攻に行けというのなら行きましょう。 これはいかんぞー。 その後も川西独自に開発は細々と続行、1945年5月頃に試製「陣風」の計画が再開したとも、検討段階で終わったとも言われていますが、いずれにせよ終戦まで陣風の実機は製作されずに終わっています。 そいで私は紫電で実戦に 参加したのは一回しかありません。

Next

紫電改 後期型 ハセガワ 1/48 組立と塗装・製作記・完成写真

『最強戦闘機紫電改』114頁「『紫電改』は何とよばれたか」• 当然、試作機の最高速度も運転制限下で記録された。 削ってパーツ合わせをして接着です。 だけど空戦するときは40機とぜんぶ空戦 する訳ない、こっちからお互いに 4機、5機で 空戦するんやから、どうっちゅうことはないんやけども そらもう、なかなか数が多かったから、こっち側も2、3機やられたら むこうは5機6機やっても あくるひにはまたおんなじだけの数が来よんのやから。 スミソニアン別館の展示機だ。 『世界の傑作機No. このシリーズは現時点で定期購読もできるし、バックナンバーからも気にいたモデルを購入出来ます。 生産機101〜200号機。

Next

紫電改のタカで滝城太郎は最後に特攻に向かいますが、実際の太平洋戦争で、 【OKWAVE】

試製紫電三一型(N1K3-J) 試製紫電改一。 試作のみ。 しかし試作機は、問題未解決のまま1943年(昭和18年)7月24日に軍に領収され、8月10日に「紫電一一型」として量産が命じられた。 私は 「しとりません」ちゅうて。 『最強戦闘機紫電改』168頁• それについていくのが大変やった。 『世界の傑作機No. Ref. 碇義朗『最後の戦闘機紫電改』213頁• 武装は翼下のガンポッドに20mm機銃2挺、胴体7. 紫電一一型甲(N1K1-Ja) 胴体の7. 目撃者によると、スムーズな着水であったが、機体はすぐに水没してしまったということ。 私がフィリピンで忠勇隊・・・ あれは10月27日やったかな。

Next

紫電改のタカ (1) (中公文庫―コミック版 (Cち1

坂井は、343空に教官として着任した際に『局地戦闘機 紫電一一型空中使用標準参考』(一一型を紫電改と間違えている)を制作したとして、空戦フラップを「旋回性能は良くなるが、作動の面で信頼性に欠けた」「舵が効きすぎた時の修正が難しい」など批判するが、「の表面が酸化して導通が悪くなり、油圧機が誤作動する(水銀は常温で酸化しない)」などの非科学的な内容を含んでいる。 そして部下には 「参謀を連れて行け、参謀と一緒にいくんやったら特攻に行きましょう」と。 この数値のみで判断すれば、紫電改は四式戦より空気抵抗が増える分やや遅く、かわりにが大きくて旋回性能がよいということになる。 例えば、日本では、アメリカ情報が強いので、「P-51最強(最優秀?)説」が根強いですが、ヨーロッパ人はほとんど賛成しませんね。 早く基地 帰らないかん。 碇義郎『最後の戦闘機紫電改』145-147頁• 世良光弘『坂井三郎の零戦操縦』174-177頁• 1〜24. ただ先導機はある程度の経験が必要なわけで、やむなく優秀な人材をあてがったケースはあります。 これが紫電改の初陣とされる。

Next

紫電改のタカ

支那事変の頃のように遠距離攻撃機の護衛をやるとか、ガタルカナル攻防戦の頃のような長大な航続力を求められる局面では零戦以外は使えません。 宮崎勇『還って来た紫電改 紫電改戦闘機隊物語』206頁• 人によってはね。 それは真実であるかどうかはようわからん。 そこで主脚を二段式とし油圧で伸縮する機構を採用した。 時々こういう話を取材に 来られる方が おられますけれどね、そんなにまあ、私はみなさんに 取材受けるほどの 古い搭乗員でもないし、兵隊も若いしたいしたこと ないんですけど。 速度低下の原因は、が100の燃料を節約するため92オクタンで代用したこと、翼下面に20mm機銃をおさめたポッドを装着したことによる抵抗力の増大等が指摘される。

Next