【ベギンクリーム】って?効果効能・副作用を紹介!

クリーム 20 ベギン

3.潰瘍・糜爛・傷面への直接塗擦を避ける。 この角質溶解作用によって、尿素クリームを塗ると皮膚がツルツル・スベスベになるのです。

9

ベギンクリーム10%

クリーム 20 ベギン

潰瘍、びらん、傷面への直接塗擦を避けること。 ステロイドを使用しないまま、ベギン軟膏のみの使用だったにもかかわらず、1週間くらいで寒冷湿疹は治りました。 保湿することで、間接的にこれらの効果も期待はできるため、軽度の皮膚炎や皮膚アレルギーに用いることが出来ないわけではありませんが、ベギンの作用はあくまでも「保湿」が主です。

8

【ベギンクリーム】って?効果効能・副作用を紹介!

クリーム 20 ベギン

例えば飲み心地を工夫して添加物を先発品と変えることもあります。 そこで、いつも行っている皮膚科で相談して出してもらったのが「ベギン軟膏20(20%尿素軟膏)」です。

ベギン軟膏20(20%尿素軟膏) 手荒れ・しっしん

クリーム 20 ベギン

ジェネリックを販売する製薬会社は、先発品にはないメリットを付加して患者さんに自分の会社の薬を選んでもらえるように工夫をしています。

ベギンクリーム10%

クリーム 20 ベギン

ベギンクリーム(一般名:尿素)は1978年から発売されている「ウレパール」という角化症治療薬・乾燥性皮膚疾患治療薬のジェネリック医薬品になります。 また、上記は未開封の場合を想定されています。 逆に言うと、角質がなくなったり薄くなっている皮膚(例えば外傷やアレルギーで炎症が起こっている皮膚)では、角質に作用できないため、効果は乏しくなるということです。

3

【ベギンクリーム】って?効果効能・副作用を紹介!

クリーム 20 ベギン

ウレパールクリームは 尿素10%含有。

3

藤永製薬株式会社【製品一覧】/医療用医薬品メーカー

クリーム 20 ベギン

4.ベギンの副作用 ベギンは塗り薬であり、全身に投与するものではないのでその副作用は多くはありません。

2

ベギンクリーム20%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

クリーム 20 ベギン

日本では、ベギンクリーム10%、20%ともに、1999年10月に販売が開始されました。 なお、症状により適宜増減する。 ベギンの使い方は、 【ベギンクリーム10%】 1日2~3回、患部を清浄にしたのち塗布し、よくすり込む。

2