約束のネバーランド 181 感想。 約束のネバーランド 最終話 181話 ネタバレ感想 エマを発見

【約束のネバーランド】最終回・ネタバレ確定感想&考察、一緒に生きよう![181話]

農園の廃止を伝えて農園の皆も歓喜。 諍って、掴んで、失って・・・。 そして、道に落ちているペンダントを見つけて 「あった!」と言って拾い上げると、そこにはレイやノーマン、ギルダやドンたち、みんなの姿が!! やったー!!! ここも違ったかと帰ろうとしたレイたちのすぐ近くを、エマが楽しそうに走っています。 でもノーマンはよかったと言って涙を流していました。 息を切らしながら探すレイ。

Next

約束のネバーランドネタバレ181話!あらすじ感想!最終話

これまでずっと繰り返されてきた悲劇を、ここで完全に断ち切ることができる。 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。 私の甘っちょろいワガママを通させてもらうケジメ。 一方、エマを捜索する子供たち。 これまでたくさん苦労してきた分、幸せに穏やかに暮らしていけたらいいと思います。 それは途方もない作業だった。

Next

約束のネバーランド 最新第180話きみのすべてネタバレ含む感想と考察。エマが鬼の首領からもちかけられた”代償”の真相とは。

その頃エマは雪の降る場所に倒れていました。 しかし、エマとの約束を叶えるためには家族を殺すことは出来ません。 エマたちがGFに侵入する直前、イザベラはシスターたちを一堂に集めていた。 エマは、地球のどこかにいるかもしれないので、どれだけ大変でも探し出してみせると始めた捜索でしたが、やはり道のりはそこまで甘くは有ませんでした。 つまり、「約束」の落とし穴を見つけた「あのお方」なりのいたずらで、エマだけ別の時代に飛ばされたと考えることもできるのです。

Next

約束のネバーランドネタバレ181話!あらすじ感想!最終話

おじいさんにどこから来たのか、誰なのか聞かれますが、何も覚えていません! そう、エマは 記憶を全て奪われて二度と家族に会えないです! おじいさんは 戦争で廃墟となった街に住んでおり、他にはもう誰もいないのでした。 雪の降る中、エマは一人倒れていた。 フィル(ごほうびだろうと、運命だろうと、変えてやる、抗う。 ノーマンが涙を流して笑顔で一言いう 「良かった」 例え自分たちと過ごした記憶がなかったとしても、エマはエマで生きてくれていただけで充分嬉しくて元気な顔がみれただけで安心した。 来週は、別の何かの感想を、金曜午前11時までにアップします. 家族や仲間は死んでしまったが、自分が覚えている限り、大切な人たちは側にいてくれるのだと語ります。 ジェイムズを殺したことは正しい、自分がこの世界を守るのだと一生懸命だったピーターは、今自分がラートリー家という立場に縛られているのだとエマから言われて、ジェイムズの意思も少し理解しましたが、それを認めることに耐えられず自分の首にナイフを突き刺して自殺してしまいます。 果たしてここからどうなるのか……。

Next

約束のネバーランド最終回の感想とネタバレまとめ考察181話

そして大人になっていく。 エマだけが家族とお別れです! そして、エマは雪の中意識を失って倒れています。 スポンサードリンク 約束のネバーランド最終回181話ネタバレの感想考察 ついに完結です! 結局エマの記憶が戻りませんでしたが、そこはそれでよかったのではないかと思います。 みんなで幸せになるにはエマを探し出すことからでした。 そりゃ・・・みんなと一緒にいたい。

Next

約束のネバーランド|最新180話確定『きみのすべて』ネタバレあらすじと感想と考察まとめ!エマはどこに!?|マンガタリー

それは 戦争や災害で消滅した国や地域。 それでもエマは誰も犠牲にはならないと言いきります。 レイやギルダは人の賑わった街を探していた。 スポンサーリンク 真実 ソンジュは胸から血を噴き出して倒れる。 「『なぜいないか』は重要か? 『どこにいるのか』なんて関係あるのか?」 関係ない、とノーマンが答える。 鬼はいないし、誰も食糧じゃない。 あったかくて胸が苦しくて・・・ 会いたかった。

Next

最新ネタバレ『約束のネバーランド』181話(最終回)!考察!物語の結末は?子供達の未来は?!

というのも、約束のネバーランド編集担当者は「20巻以内に終わる漫画」を目指していたとのこと。 この先ずっと先の未来まで、みんなが笑顔に過ごすことができるなんて最高の未来だとエマはあの存在へありがとうと伝えたのでした。 また、誰が呼んでいるのかも全くわかりません。 しかしそこにはエマのペンダントに群がった・・・レイやノーマン、ギルダ・・・子供達の姿だった。 しかし ノーマンはよかったと言って涙を流します。 もしその話に乗って、イザベラに「あなたたちの忠誠を試していた」なんて言われた日にはたまったもんじゃないだろう。

Next