仙道 行け。 仙道研究家 高藤聡一郎氏の著作をもとに修行して何らかの能力を...

最高級の重低音カホン!Beating「C5」

川崎 昭雄(かわさき あきお) 3年、192cm、背番号8、C。 この時の決勝では自身の放ったシュートが外れたため海南に敗れたと語っている。 池上 亮二(いけがみ りょうじ) 声 - 緑川光 3年、183cm 74kg、背番号5、F。 試合後赤木に「あの10番は鍛えれば伸びる」と言いかける 花道の素質は評価しているが、あくまで開花はまだ先と思っていた。 原作では名無しだったが、アニメではフルネーム付きで再登場。 インターハイ出場校 [ ] 秋田県立 山王工業高校 [ ] 代表、高校バスケ界の頂点に君臨する高校。 。

Next

スラムダンク|仙道彰の魅力。流川以上の実力なのに釣りをしたり・・・

湘北戦では前半だけで流川に25得点を許す結果となり、後半は自身を流川へのディフェンスに専念するよう高頭に直訴するも、高頭に「できるのか?」と信用されない発言を受けるが、牧の叱咤激励を受けて発奮し、後半は流川のシュートのブロックや気迫のディフェンスで流川の突破を抑え、彼を6得点に抑えた。 大栄学園高校 [ ] インターハイ予選大阪府大会1位通過校。 北野(きたの) 豊玉高校バスケ部の前監督で、南と岸本の恩師。 そしてその呼び込み効果を更にUPさせる為の方法があります。 選手全員が坊主頭をしているのが特徴。

Next

スラムダンクで仙道の「行け」は何巻?桜木花道への評価やセリフの意味についても

森重 寛(もりしげ ひろし) 声 - 石川英郎 1年、199cm 100kg、背番号15、C。 それどころか仙道のできないことと素寒貧であることとの間には、密接な関係があるのだ」と書いてあります。 作中でのポジションはガードだが、当初はフォワードの予定だった。 金平(かねひら) 就任当時31歳の監督。 兄の引退後は、彩子に誘われバスケ部のもう1人のマネージャーとなる。

Next

スラムダンクの仙道に学ぶ!強さの秘密と、頼もしい名言10選

ボールを貰った花道より先に回り込んだ牧がゴールに向かう花道を迎え撃つ。 鉄男襲撃時には彼を後ろからパイプで殴りつけるなどして痛めつけ、花道にもヘルメットを振り回して襲いかかったが、最後は鉄男に投げ飛ばされ、一撃のもとに沈んだ。 全員が止める中 仙道の 行け の一言はもちろんだけど それぞれ背景を白黒で分けてることによって 無言の安西先生も行けると思ってるのを表現しておるのよね。 たしかに、どれだけ努力が大切だとはいえ、四六時中バスケのことを考えてしまうと、頭が固くなっちゃいそうですよね。 相田 弥生(あいだ やよい) 声 - 彦一の姉で、週刊バスケットボールの記者。 花道から「ヒゲ店長」と呼ばれている。 「行け」 湘北対海南戦を観戦していたときのこと。

Next

スラムダンクで仙道の「行け」は何巻?桜木花道への評価やセリフの意味についても

アニメ版では期末テストの結果、赤点3つ。 序盤で桜木が速攻からゴール下のシュートを決めたシーンがありました。 2年生時のインターハイにおける豊玉高校との対戦では前半で20得点を決める活躍をするも、対戦相手の南が威嚇のために振り回した肘が自身の側頭部に当たり、縫うほどの怪我を負い負傷退場となる。 三井のバスケ部復帰後は自身の不良仲間とともに三井の応援団を結成し、湘北の試合に訪れては「炎の男 三っちゃん」と書かれた応援旗を駆使して大声で三井を応援するなど、友人として彼を支え続ける。 三浦台高校 [ ] 湘北がインターハイ予選初戦で戦った高校。 自身をバスケット部に勧誘した晴子に恋焦がれるお調子者。

Next

仙道研究家 高藤聡一郎氏の著作をもとに修行して何らかの能力を...

そして湘北戦。 「勝つから楽しーんだ」 県内随一の得点力、1on1能力を持つ流川との戦いを楽しむ仙道。 アニメ版の解釈は顔は普通だけど、内心は悔しいという表現だと思います。 スタメンの1人。 スタメンの1人。

Next

スラムダンクの仙道さんはなぜこんなにかっこいいのでしょうか。ずるいです...

しかし、それゆえによくファウルをもらうのが欠点。 湘北戦では復帰した三井に敵対心を燃やし、試合前にはの中で「三井の得点は5点以内に抑える」と 豪語して、試合の前半は三井の得点を5点に抑え込む。 前年度は海南大附属との試合で敗れながらも彦一からは「初戦としてはきつい相手」、清田には「せいぜいベスト8」と評される準強豪校。 安西は元全日本選手で大学監督として名を馳せているだけでなく、自軍の監督ということもあり、桜木の能力を見極めていたのでしょう。 非常に冷静沈着で常に試合の流れを読み、その場に応じた最高の選択を行う。 陵南のエースプレイヤーで、天才と称されるオールラウンダー。

Next