トレース ルート コマンド。 Windowsでtracert(トレース)を行う方法

Pingとtraceroute

tracerouteとは、UNIX系OSやWindowsなどが備えるの一つで、そのコンピュータから上の別の機器までのを調べて中継機器のアドレスなどを一覧表示するもの。 「tracert」を実行すると、実行したコンピュータから「yahoo. 168. 184. ただし指定されていないゲートウェイも経由できる(loose source routed) -i 指定されたインタフェース(ネットワークカード名。 pwd. 149 1. 以降、同様にTTLを増やしていくことによって、経由するルータがわかるようになります。 pingは宛先のIPアドレスに届いて返事が返ってくるかどうか・・・tracerouteは宛先のIPアドレスまでどの経路を辿って到達したか・・・を調べるコマンドです。 174. 168. 168. com 173. 100. 120. 505 ms 3 farhost. 025 ms 10 yahoo-jp-gw. といったものです。

Next

tracert(トレースルート)で応答速度や経路確認、及びマルチ対戦の接続方式について

ip netnsコマンドの使い方は、 を参照ください。 google. 270 ms 9. 1 192. tracertコマンドの構文は以下のとおりです。 jp 203. 120. 20 traceroute to 192. 168. 224. 100. ホスト2で80番ポートをListenしているプロセスがいないため、ホスト2からホスト1に対して、 TCP RSTパケットが送信されていることもわかります。 IPプロトコルのエラー通知• 20: ICMP echo request, id 1626, seq 3, length 40 17:36:11. 168. 150. 100. 239. com traceroute to google. 993 ms 1. 120. 194. 20: ICMP echo request, id 1563, seq 3, length 40 17:08:33. 168. 214. TTLの値を1から順番に1つずつ大きくしてIPパケットを送信することにより、目的のホストまでの経路中に存在するルータを調べることが可能になる。 168. 168. xxx. 20 traceroute to 192. ルータ1,ルータ2,ホスト2のインタフェースのIPアドレスが表示されていることがわかります。 475389 IP 192. 120. 「ストリクト・ソース・ルーティング(厳密なソース・ルーティング)」は、指定されたルータ「だけ」を通過するようにルーティングする方法であり、「ルーズ・ソース・ルーティング」は、指定されたルータ「以外も」利用してルーティングすることができる。 812 ms 1. これは-Pオプションのシノニムでもある -n 出力をIPアドレスのみに抑制する(DNS逆引きを行わない) -r ルーティングテーブルを無視して直接パケットを指定したホストに転送するように指示する。

Next

ネットワークのどこが遅いか調べる

1 Pinging 192. それでは困ります。 この場合は、目的のホスト(10. It is either initial udp port value for "default" method incremented by each probe, default is 33434 , or initial seq for "icmp" incremented as well, default from 1 , or some constant destination port for other methods with default of 80 for "tcp", 53 for "udp", etc. 128. 168. 14 210. S ソースルーティング失敗 Source Route Failed: ICMP type3 code5! xxx.???. すなわち、同一の物理ネットワーク上に目的のホストがない場合はエラーになる -U UDPパケットを用いる(デフォルト) -v 詳細モード -f 使用する初期ホップ数を指定する。 168. 今回は、tracerouteコマンドを打ってネットワークのルートを調べて見ましょう。 168. 049 ms 3 192. 中盤以降の結果が 全て大きい値(関東からなら50ms以上、九州・北海道からなら80ms以上)ならプロバイダーが混雑している可能性が非常に高く、早期解決を望むなら別のプロバイダー(バックボーンの異なる混雑していないプロバイダー)に変更したほうがいいでしょう。 962 ms 196. 239. 168. 254 192. 」で確認して下さい。

Next

ネットワークのどこが遅いか調べる

net [208. XXX. インターネットに接続する実行中のプロセスの統計を調査する ウィンドウの左に、インターネット接続しているプロセスの一覧が表示されます。 120. 5 12. 100. 334 ms 2 fnbnifxxx. 845 ms 0. -4 IPv4 の使用を強制します。 -j host-list Loose source route along host-list. 168. さまざまなルーターやサーバーを経由して、目的のホストまでたどり着いていることがわかります。 181 6. tracertでネットワーク経路を把握する 今まで説明したきた通り、Tracertは通信経路を確認するコマンドとなるので、自分たちが意図した通信経路を通ってきてるのか?がはっきりわかりますので、障害時に通信経路を調べたり、タイムアウトしてる=通信機器がダウンしている可能性 などを確認することが可能です。 5 からの! デフォルトでは「4000(=4秒。 では「traceroute」、Windowsでは「tracert」というコマンド名になっている。

Next

Pingとtraceroute

168. ccc. 200 ms 9. Net 210. xxx. 異常が発生したときの障害対応(トラブルシューティング) です。 848 ms 3. 168. tracerouteとは、送信元ホストから宛先ホストまでの間の経路情報を調べるためのコマンドです。 20 dev veth1-h1 ip netns exec h1 ip route add 192. 168. またWindowsではデフォルトで4回打つようになっていますが、連続してpingを打ち続ける場合には 「-t」というオプションを付けます。 プロバイダーのサーバーは主に東京にあるため、 有線接続で関東からなら5~20msで良好、九州や北海道からなら40ms以下で良好と言えます。 191. 110. でも、tracerouteというコマンドを実行すれば、ルートを調べることができます。 663 ms 2 210. 110. 432 ms 3. 882ミリ秒 192. 使い方は、を参照してください。

Next

traceroute CCNA実機で学ぶ

20 192. この「タイプ」の値によって、そのICMPメッセージがどういった役割を持ったメッセージなのかを表します。 39 , 30 hops max, 40 byte packets 1 frbldg7c-86 172. 最大8サーバー指定できる -I ICMP ECHOを利用する -m 最大数 経由するマシン数を指定する -n ホスト名を解決せずにIPアドレスで表示する -p ポート 利用するポートを指定する -r ルーティング・テーブルを無視する -s IPアドレス 指定したIPアドレスから経路を調べる -v 詳細に表示する -w 時間 タイムアウトの時間を指定する -x ICMPをチェック・サムで評価する -z 時間 経路をチェックする時間間隔を指定する 説明 指定したホストまでの経路を表示する。 99] over a maximum of 30 hops: 1 50 ms 60 ms 60 ms 192. 41 220. 2台目のルータがデータを破棄したことを送信元に通知します。 100. Linux系OSやMac系OSの場合は「traceroute」となることに注意です。 20 traceroute to 192. 496 ms 4. 5 210. jp traceroute to itpro. 20 , 30 hops max, 44 byte packets 1 192. V ホスト順序違反 Host Precedence Violation: ICMP type3 code14! 100. 単位はミリ秒 -R 往復のパスをトレースする。 これによりホストAは、ルータAとルータBまで通信できると分かります。 IIJ. 157. 168. SantaClara. 168. H ホスト到達不能 Host Unreachable: ICMP type3 code1! 690 ms 7 219. -f TTL値 TTL(Time to Live)の値を指定します。

Next

TCP/IP

30 20 ms 19 ms 18 ms 9 124. 17 221. 49 2. 120. -n IPアドレスの名前解決を行いません。 r2,h2間のMTUが500になっています。 120. 168. データ(可変長) 「データ」は、タイプによって長さが違います。 xxx. 153. 30 124. 225. 254. 128. 131. 854 ms 10. 150. 20 192. 233 0. 14 54. これは、IPアドレスからFQDN名への逆引きができなかったからである。 168. 100. tracerouteを実行します。 「-d」オプションは、IPアドレスから名前(FQDN名)を求めないようにするためのオプションである。

Next

接続性の確認(ping,traceroute) YAMAHAルータ実機で学ぶ

75 ,30 hops max,40 byte packets 1 v6-rout86 172. 120. 168. 1 192. 439 ms 6 AS9607-xxx. 44787: Flags [R. 障害時にはまずこれを試してみましょう。 jp からの応答があるのに traceroute はその時点で終了していないことに注意。 jp 202. -w timeout Wait timeout milliseconds for each reply. 168. 224. nikkeibp. 239. jp 61. 181] 15 170 ms 160 ms 171 ms acr1-as0. tracertコマンドも、pingと同じくICMPプロトコルのEcho要求を送信することにより、指定されたあて先への到達可能性を調査する点では同じであるが(UNIX版ではICMPプロトコル以外にプロトコルも使用することができる)、ルーティングの途中で経由したホスト()を逐一表示するという点が異なる。 20 traceroute to 192. 100. 100. 224. これにより、ルータのIPアドレスがわかります。 168. 147. 168. 168. 120. 20 , 30 hops max, 44 byte packets 1 192. 宛先ホストまでの経路上で、MTUの最小値が500であることがわかります。

Next