雑学 まとめ 面白い。 面白い雑学Part1【トリビアまとめ】|おでかけ同好会

役に立つ面白い歴史の雑学集!クイズにも使えるアッと驚く歴史の雑学をご紹介

一般的に出口に近いところが列が長くなりやすいので、そこにはベテラン店員が配置されがちです。 股間のチャックが原因で、病院に運ばれる男性が毎年1700人いる。 放送法64条で「NHKを受信可能な受信設備を設置した者はNHKと契約しなければならない」と定めがある。 道路などでよく見かける東京までの距離表示は「東京都中央区日本橋」までの距離。 焼肉のタレは元々冷ますことが目的 でも、タレなしじゃもう食べられない。 なぜ高いのかというと、コアラのエサであるユーカリを栽培するのに莫大な費用がかかるからなのだ。

Next

役に立つ面白い歴史の雑学集!クイズにも使えるアッと驚く歴史の雑学をご紹介

アニメ・漫画の面白い雑学 テレビアニメの名探偵コナンにはスポンサーにガス会社が入っている。 ボロン! なんと、キリンは牛のように「モー」と鳴くのだ。 詳しくは、 をご覧ください。 原石が職人の手に渡り、職人が一つ一つのカッティングに工夫を施し、 丁寧にダイヤモンドをカットしていきます。 このバンコクとは通称で正式名称は、、、 クルンテープ・プマラハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・ マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・ アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカム プラシット 長すぎっ! スポンサーリンク 歴史の雑学6 鼠小僧の正体?! 盗んだお金を貧しい人に分け与えたとして、 有名な義賊の鼠小僧次郎吉。

Next

面白い雑学!歴史のおもしろ豆知識!へぇ~のトリビア♪

この習慣は二十世紀初頭まで続いた。 イルカが船によってくる理由 テレビのイルカに会いに行くロケなどで船によってくるイルカをよく見るが、別に人間が好きだからではない。 両手を広げた長さは身長とほぼ同じ。 化粧にもなって紫外線予防にもなって、一石二鳥を狙っていきましょう! バナナの皮で歯を磨くと歯が白くなる!? バナナの皮に含まれる ミネラルが汚れや着色料を吸収するので、バナナの皮で歯を磨き続けると歯が白くなります。 赤色は関係なかったのです。

Next

【大人の裏雑学】面白いけど怖い世の中のミステリートリビアまとめ!

仕事中、勉強中、上司の長い話中。 最初に空を飛んだのはライト兄弟ではなくグスターヴ・ホワイトヘッド。 二の倍数にしか細胞分裂しないからである。 しかし「あっと驚く話」や「ぷっと笑ってしまう話」は意外と雑学に多いものです。 カーリングのストーンは一個10万円以上する(1セット160万円)。 「考える人」という作品名はリュディエという人後づけしたもの。

Next

【大人の裏雑学】面白いけど怖い世の中のミステリートリビアまとめ!

たくさんの血管が通っている大きな耳で血液を冷やして体温を調節しているのだ。 ガッカリした人のために補足すると、吠えることはできないが筒の中を空気が通るような「ぶぉーん、ぶぉーん」といった音は出せたと考えられているぞ。 だから、仕方ないけど止めてみよう。 「そうめん」と「ひやむぎ」の違いは、そうめんが太さ1. オスのカマキリは交尾の後、その場でメスのカマキリに食べられてしまう。 実際は寂しくても死ぬことはない。

Next

あなたはいくつ知ってた?〝ダイヤモンド〟の面白い雑学まとめ

なお、地球上から出発して太陽系の重力圏から抜け出すのに最低限必要な速度は第三宇宙速度と呼ばれます。 知るとガッカリする動物の雑学 こんどは動物の一般的なイメージを裏切る雑学や、「知らない方がよかった」と後悔する雑学を紹介していくのだ。 豊臣秀吉の右手には指が6本あった。 赤ちゃんには元々虫歯菌がなく、虫歯になる原因はキスなどで大人から菌を移されるからである。 国というのは複雑だ。 マジ!?という言葉は江戸時代からあった。

Next

【トリビア】誰かに話したくなる面白雑学まとめ第2弾【面白】

赤ちゃんのクモや体の小さいクモは体から出した長い糸を風に乗せてタンポポの綿毛のように空を飛ぶことができる。 他の数字でも試してみてくださいね。 食べ物のコゲは発ガン性物質だが、ガンになるのは100年毎日コゲばかりトン単位で食べ続けた場合 食べ物のコゲといえばどの部分を思うだろう。 いたずらっ子で悪童ジュリアンとまでいわれた。 。 ちなみに、ウォンバットといえばチャーミングな前歯を持っているが、その歯は手入れをしないと一生のびつづけるのだ。

Next

朝礼ネタ 面白い雑学50個どーんとまとめたよ!(スピーチ例つき)

それにしてもチチバンドとは時代を感じるぞ笑。 販売者にとってはなかなか手堅い商品となってしまっているのは間違いありません。 焼いたウナギはよく見かけるのに、刺身のウナギをあまり見かけない理由はこれなのだ。 メガネザルは目が大きすぎて動かせない メガネザルの目は非常に大きく、頭蓋骨とのあいだに隙間が少ないのであまり動かせない。 トウモロコシの粒の数は必ず偶数。

Next