チョーサー 著作 集。 ウィリアム・モリス

ウィリアム・モリス×エドワード・バーン=ジョーンズ「チョーサー著作集」のご紹介

1 エジンバラ大学 2 ケンブリッジ大学 3 アメリカ議会図書館 4 Lock Wood Memorial Library 5 Huntington Library 6 ブリテイッシュ ライブラリイ 7 ハーバード大学 8 テキサス大学 9 イェール大学 10 Southern Methodist University 11 ピアポント モルガン ライブラリー 12 アメリカの個人〈1997年オークション落札) 13 イギリスの個人 14 イギリスの個人 ベラム刷りは記録では13部刷られたことになっていますが、研究によれば少なくとも14部は刷られたようです。 がチョーサーを演じた。 装丁は20世紀前半のモロッコ装丁。 特にモリスの巨大装飾イニシアルと縁飾り装飾が非常に(うるさい)と言うのです。 1834年、の証券仲買人の子として生まれた。

Next

ウィリアム・モリス

()(ロンドン近郊):18世紀の建物、モリスが晩年まで過ごした。 「チョーサー 中世イタリアへの旅」(神奈川大学評論ブックレット23)p102 奥田宏子 御茶の水書房 2003年7月10日第1版第1刷発行• 今回の『 MUSUBU』展も、もちろん『ジェフリー・チョーサー著作集』だけでなく、レコード盤型の本、縫われた本、吊るされた本、縛られた本、と日米のブックアーチストたちが腕を競った逸品がたくさんあって、とても楽しいひとときでした。 皆さんも、どうぞ一度足をお運びください。 モリスは、中世の写本とインキュナブラを本の理想と考えました。 そのため現在 新しく手に入れることは ほぼ絶望的です。 モリス自身はチョーサーの作品を刊行することを早くから意識しており、その造本にも思い入れが伝わる。 この強靭 きょうじん なユーモアの感覚は、紛れもなくイギリス的である。

Next

[モリス]&エリス編『チョーサー著作集』

余談ですが、私は「うらわ美術館」でモリスの『ジェフリー・チョーサー著作集』を所蔵していると知った二年前に、興奮してなんとか一目だけでも見せて頂けないかと思い美術館を訪ねてその旨を伝えましたら、このような古書は、光にさらされることが一番寿命を縮めてしまう原因になるので、重要な学術研究などの特別の理由でなければ閲覧は許可されないということを丁寧に説明してくださいました。 この白豚革の表紙の本は日本では長く東大にしかありませんでしたが、現在 モリサワ コレクションと広島経済大学?他に個人蔵のものもあるようです。 ドライデンは彼を「イギリス詩の父」とよび、また彼の多彩、豊潤な詩作品を「神の豊饒 ほうじょう 」の世界と称した。 カンタベリ物語 は大司教のいる教会で、有名な大聖堂が今も残っている。 チョーサーを題材にした映画 アメリカ映画『(ロック・ユー!)』(製作)は、チョーサーが何をしていたか不明とされている1370年頃のヨーロッパを舞台とした物語で、チョーサーはジュースティング()に挑む主人公の仲間となる、重要なキャラクターとして登場。 藤田治彦監修 『ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡』 、2017年-図版書• モリスはその後 建築を学びますがデザインに興味を持ち、モリス商会を設立し、各種のデザインの仕事をしました。

Next

ウィリアム・モリス×エドワード・バーン=ジョーンズ「チョーサー著作集」のご紹介

()(オックスフォード近く):モリスの別荘。 父は投資で巨額の富を得たが、モリス13歳のときに死去。 Ward, p. そして、自身の芸術活動の集大成として最後に出版したのが、敬愛する14世紀の詩人ジェフリー・チョーサーの作品集「チョーサー著作集」です。 詩人、画家、装本家、社会思想家など様々な肩書を持つウィリアム・モリスは、1891年、理想の印刷・書物の作製をめざして私家版印刷所「ケルムスコット・プレス」を開いた。 この書物の制作のため、モリスは手漉き紙の種類や活字デザインを自ら選び、また表題や挿絵は友人のバーン=ジョーンズに依頼。

Next

DYNAMIX DESIGN NEWS: F.S.エリス編『チョーサー著作集』1958年復刻版

; 43 cm. 参考文献• ジョン・ボールの夢(1888年)- 訳、未來社。 『トロイルスとクリセイデ』(1385ころ完成)はボッカチオの『フィロストラート(恋の虜 とりこ )』(1338ころ)を素材とした作品で、愛の熱情をめぐる人間の歓喜と苦悩、愛における時間性と永遠性の主題を追求した傑作である。 ラファエロ前派のバーン ジョーンズは 〈ポリフィロスの夢の中の愛の闘争) の挿絵を研究したかもしれません?。 経歴 [ ]• エリス編集の『ケルムスコット・チョーサー』と呼ばれ、世界で最も美しい印刷本といわれる。 レッドハウスは、市街地から離れた郊外にあり、ジェーンが寂しさの余りノイローゼ気味になってしまったため数年後に転居した。

Next

カンタベリ物語

加田哲二 『ウヰリアム・モリス』 岩波書店、1924年-日本における最初期の紹介• これらが出版されていたら、間違いなく三大美書はすべてモリスのケルムスコット プレスだったにちがいありません。 以下にベラム刷りの世界中のすべての所蔵個所を示します。 〈本をめぐるアート〉をテーマに掲げる「うらわ美術館」は、数年前にも『これは本ではない』などという挑発的な展示でスリリングな話題をつくりました。 この書によって「英語」による文学が確立したとも評されている。 友人らとフランスに旅行し、芸術家を志望するようになった。 モリスのケルムスコットプレスの本の内 一番の大作でかつ最も有名なものはチョーサー著作集です。

Next