イケメン 戦国 光秀 情熱。 【イケメン戦国】光秀を普通に攻略じゃ物足りない!新攻略方法ー幸福な恋ルート編|アリポの乙女な世界

[イケメン戦国]織田信長 攻略

「イケメン戦国 THE STAGE」LINEUP 放送日より30日間タイムシフト機能でご覧になれます。 だから私も、何があってもあきらめないよ) 「私、できる限り長生きしようと思う」 政宗「・・・どうした突然?」 「政宗の隣で、できるだけ長生きして、死ぬ時まで笑ってる」 決意を込めてほほ笑むと、政宗も微笑み返してくれた。 特別ストーリー• ほっぺに朝食のご飯粒をつけて、メガネをつけっぱなしのことも忘れて、 戦に没頭する三成に危なかっしさを感じる主人公。 もしも破れば……ひどいぞ?」 ぞくっとするような容赦のない声に、深く頷く。 常に百歩以上こはるから離れていろ」 義元「顔も見えないよ、それじゃ」 光秀「では千歩」 義元「増えたよね」 「あの、光秀さん……、もしかして焼きもちですか? なんて……」 光秀「そうだが、何か?」 っ、冗談のつもりだったのに…… 平然と言い返され、頬がカッと熱くなる。 確かに、政宗も「500年後の話聞かせろ」って言ってる割に聞いてないwww 昨日の話ですが、信長だったらきっとボタン外せたんでしょうね。

Next

[イケメン戦国]明智光秀 攻略

ちなみに・・・共通ルートは7割光秀さんの勝算とられてます 笑。 もちろんノーマルを選択肢て無課金で読み進めることも可能です。 この人の生き方に、私はどこまでも寄り添うと決めた。 たしか京都を旅行中だったんですけど…』 現代に戻ったときの衝撃で戦国時代にいた頃の記憶を完全に無くしてしまった主人公。 現代に行き来するパターンとは真逆で、主人公すら現代に帰ることなく物語が進んでいくルートも。

Next

明智光秀☆攻略☆情熱の恋エンドルート【イケメン戦国】

使者を遣わし、青葉城へ行く前に安土へ寄って行けと政宗に伝えろ。 信長のもとに急ぐ主人公を尻目に 二人がちょっとだけ嫉妬?? 信長「光秀、盃を」 光秀「恐れ入ります」 秀吉「ったく、お前は! 平然とした顔しやがって。 ……後生だ」 ーーーーーーーー 今川家の家臣「敵に情けをかけられて逃げるおつもりか!? 今度という今度は見損ないましたぞ! 死んでも今川家の誇りを守らねば!」 義元「命を粗末にする人間に、誇りを語る資格はない!」 今川家の家臣「…………っ」 義元「今のは、俺自身への戒めだよ」 ーーーーーーーー 今川家の家臣「我々の仕えるお方は……あなたしかおりません。 俺を、ここで殺してほしい」 光秀「殺せ、だと……? なぜ」 義元「そうすれば、諦めの悪い家臣たちも、さすがに受け入れられるだろうから。 使用画像の転載・配布等はガイドラインで禁止されておりますので、記事中の画像等のお持ち帰りはご遠慮くださいね。 光秀殿まで……」 光秀「諸事情あって、あなたに会いに来た」 元気そうでよかった! それにしても…… 「あの、しゃがみこんで一体何を……?」 義元「このきのこ、美しいと思わない?」 異様な形をした妙に鮮やかな紅色のきのこを指さし、義元さんはにっこりと微笑む。

Next

<イケメン戦国 本編プレミア選ぶと課金>いくらかかるか?クリアまで何日かかるか?ネタバレ無し

五百年先になろうと、貴様にわからせてやる。 政宗「・・・なら俺も長生きしないとな」 政宗には私の考えていることも、きっと御見通しなんだろう。 どうしよう。 Contents• 特別ストーリー&激甘ボイス• 義元「幸村、佐助。 優しげなその声が、あの夜聞いた言葉を思い出させてくれる。

Next

「イケメン戦国 THE STAGE ~織田信長編~ 」情熱ルート GW直前 ニコ生3夜連続ふりかえり上映会 DAY2

。 あ……! これって、もしかして…… 宴が終わったのは真夜中近かった。 7cm 血液型: B型 趣味: 鷹狩り 特技: 囲碁 チャームポイント: くすぐりNGの魔王 目次 各話別に目次は分けておりません。 あの水辺の城で過ごした数日間……昼となく夜となく、何度も何度も、光秀さんに愛された。 今夜はとにかく食って騒ぐぞ」 蘭丸「だね! 光秀様、じゃんじゃんいっちゃって!」 がっかりしたムードはすぐに消え、車座になって宴が始まった。

Next

[イケメン戦国]明智光秀 攻略

玉子色をした美しい陶器の茶碗が、目の前へトンッと置かれ、 「今宵は作法は気にするな。 「俺が勝つごとに貴様の身体のどこかをひとつを奪う。 タチが悪いです。 「何か気がかりなことでも……?」 光秀「……まあ、あるといえば、ある」 すっと近づいてきた手のひらが、私の頬を包み込む。 この人たちは……! 光秀「凶だろうと吉に変えてみせるまで。 感謝してるんだ。 本当はそばで戦いを見届けたい。

Next