バスケ 河村。 【バスケ】河村勇輝、三遠ネオフェニックスとの特別指定契約が終了

スラムダンクの世界から飛び出してきたかのような高校生No.1バスケプレイヤー【河村勇輝】

同じ山口県で ポイントガード。 柳井中学校卒業。 どんな動きをするのかなぁと 手探りな感じで1発目の動きに 全ての集中を合わせていたら、 えげつないムーブで 完全に揺さぶられ・・・(++) 何とかシュートは 外してくれましたが、 「ちょ、中学生のスピードじゃない・・」 と想像を2まわり以上 上回る機敏な動きに 思わずおじさん 本気になってしまいました。 「昨季は後半に離される試合が多かったので、粘り強いタフなチームにしたい。 河村勇輝【バスケ】は勉強が出来る? 河村勇輝選手の学力について書いていきます。 最年少でB1に出場した三遠の河村勇輝(撮影・宮沢崇志) GMはコミュニケーション能力の高さも評価する。

Next

河村勇輝の24点4スティールの大活躍も実らず、三遠は新潟に敗れる!

今は1番の課題として取り組んでいます。 年代別の日本代表にも選出される河村が、大きく成長するきっかけになったのは1年生で出場した2017年度大会の準決勝、福岡大大濠に敗れた一戦だった。 この悔しさを胸に刻み、そして自分を見つめ直して練習に取り組んだ。 「自分のスタイルを全て否定された気がした。 司令塔の河村は冷静に試合をコントロールした。 必死についていって止まるとファウルしてしまう」と解説。 高校3年時にはインターハイとウィンターカップの2冠も達成し、名実ともに高校No. 千葉ジェッツ戦の第1クォーター残り3分41秒にコートイン。

Next

バスケ界の逸材、田臥と河村が対談 睡眠学習で学んだ技

八村、渡辺ら世界で活躍する代表選手にも刺激を受けたが、自身の海外挑戦については明言を避けた。 大学バスケ名門校の東海大に進学する 全国高校バスケットでの河村勇輝。 本人は大学への進学を希望! 「大学に行かずにプロでやるメリットもあります、逆にデメリットという部分もちゃんと自分は把握しています。 高校3年生にしてプロ入りを決意 2020年1月24日にバスケットボールB1の「三遠ネオフェニックス」に特別指定選手として加入しています。 06 こんにちはー。 だんだんとつかめてきたら、自分のタイミングでもやれるようになってきて。 河村 いや、そんなことは……。

Next

バスケ界の逸材、田臥と河村が対談 睡眠学習で学んだ技

課題としたらフィジカルのところ。 また、これまで10万人のバスケ人生を変えた世界基準のノウハウを7つのテーマに分けて公開した書籍「」の著者でもあります。 スタメンで出してもらったのに、チームを負けさせてしまう結果となった。 50メートル走のタイム:6秒台 大会実績• 「正直、オーストラリアには歯が立たないと感じましたが、負けたけど良い経験をさせてもらいました。 高校から親元を離れており、新生活への不安はないという。 フィギュア [6月20日 1:28]• 大学スポーツに取り組める「4年間」という限られた時間に情熱を注ぐ彼ら、彼女らには、数限りないドラマがあります。 スポーツ [6月27日 8:22]• 大学に行くことのメリットの方が大きいんじゃないかなと思ったので、 今は大学という選択肢をとったんです。

Next

高校生がB1最年少デビューへ 福岡第一の河村に複数オファー|【西日本スポーツ】

2020年2月2日閲覧。 こんにちは。 東京オリンピック2020 [6月27日 6:01]• 富樫先輩怖ええw それにしても、今日の富樫はやる気満々だったね。 その理由としては、河村勇輝選手は教師になる夢もあるため、 今はバスケのプロが第一だけど、セカンドキャリアとして 教師になるために勉強を頑張っているそうです。 ボールがあるところはいいが、ボールがないところの動き。 天皇杯で千葉ジェッツと対戦したときには、そのスピードにプロも翻弄されました。

Next

バスケ界の逸材、田臥と河村が対談 睡眠学習で学んだ技

環境もさることながら、やはり幼い頃から努力をしっかりしていたのですね。 SEAGULLS 『カゲトーーク』の鹿毛 GMが感じたこと 昨年暮れの高校選手権で有終の美を飾った河村は、 1月 25日の千葉ジェッツ戦でデビュー。 陸上 棒高跳の松沢ジアン、小柄でも五輪へ大ジャンプ []• 河村 小さい頃から(2人を)ずっと見てきた。 自分もいずれはそうなりたいが、あくまで1番の目標は代表のコートに立つこと。 バスケットボール [6月25日 10:54]• 持ち味のスピードと抜群のパスセンスを生かして、将来に向けて頑張ってほしいです。 引用元 より ベスト16で負けたことによって強豪・福岡第一に入学することになったんですね。 優勝するだけでなく圧勝することが大事だと思っています。

Next