ダイヤモンド テトラ。 ダイヤモンドテトラ

ダイヤモンドテトラ

ダイヤモンドペレズテトラのピンク色のグラデーションとダイヤモンドような輝きも[薩摩切子]に負けず劣らず綺麗で、繁殖期にはさらに鮮やかに色づきます。 ダイヤモンド・テトラは、ヒラヒラとしたヒレを追いかけて齧る(かじる)ことが多々あるんですね。 ワイルドは少し違う印象があるので飼ってみたいと思いますが、お値段が・・・w 今はこいつを大切に育てたいと思います。 10匹そろえて 3,000円で絢爛豪華な水槽を目指しましょう。 アジアアロワナ飼いたい! 東京タワーの水族館にいっぱい…また行きたいです。 今日のアップは ダイヤモンドテトラ Moenkhausia pittieri です。

Next

散りばめた宝石「ダイヤモンド・テトラ」は永遠の輝き!?混泳時の注意や水草の食害リスク・飼育方法について

ワイツマニー テトラは水槽の低層に泳ぎ水草の茂みの中に隠れる習性があり、残念ながら観賞魚としては少し物足りないと感じてしまう魚かもしれません。 葉の硬い種類のものをチョイスしてレイアウトすれば問題なく水草レイアウトでの飼育が可能です。 ばらまき型の熱帯魚は、知らないうちに産卵し、知らないうちに稚魚が生まれ、知らないうちに成魚に食べられている事がよくあります。 草食性が強く、水草の葉を食べてしまうので注意が必要です。 ダイヤモンドペレズテトラの稚魚が生まれたら、最初は小さすぎて普通の餌は食べられません。 テトラ・ラスボラ等のコイ科の魚との混泳がお勧めですが、ある程度サイズを揃えた方が良いでしょう。 なぜかの太郎が、ヒレを大きく広げて張り切っています。

Next

ダイヤモンドテトラ|飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などのついて)|熱帯魚図鑑|熱帯魚の飼育・混泳・繁殖・病気など

なので、ばらまき型の熱帯魚の繁殖は産卵の事より食卵を意識した準備が重要になってきます。 2013-07-31 2013-08-17 鰭を伸ばしながら優雅にホバリング・・・を期待していましたが子供だからなのか・・・動き回って写真も撮らせてくれず。 目が飛び出して見える「ポップアイ」や、全体的に体表が白っぽく、エラや口をバクバクさせ呼吸が早い個体はエロモナス症の初期症状の可能性があるので、注意深く観察するようにしたいですね。 個人レベルでの繁殖はかなり難しいものの、香港から膨大な数の養殖個体が輸入され、安価に私たちを楽しませてくれている。 体長:5cm• ですので、ダイヤモンドテトラより一回り大きなエンゼルフィッシュなどと混泳するのが良さそうです。 餌をしっかり与えていないと、大好きな水草を突いて食べるようになります。

Next

テトラ図鑑:おすすめ小型カラシンをコメント付きで紹介!

アロワナは好きですよ。 しかもワイルドです。 初心者の方にはおすすめできない熱帯魚ですが、色が揚がる小型熱帯魚が好きな方には星5つのおすすめな魚です。 また、オス同士でよく小競り合いをする熱帯魚でも知られています。 ダイヤモンド・テトラについて ダイヤモンド・テトラは、ベネズエラ原産のカラシン科・モンクホーシャ属の熱帯魚です。 ベールフィンテトラという別名のとおり雄は背びれと尾びれが伸びて金色を帯び、大きさのわりにかなり立派な姿になります。 引用元: ショップで見たときは、シルバーで一見すると川魚のようでした。

Next

テトラ図鑑:おすすめ小型カラシンをコメント付きで紹介!

丈夫な熱帯魚と思われていますが、やはりネオン病というネオンテトラ系特有の病気に係ることもあり、しっかり熱帯魚の状態を観察出来ないとすぐにネオン病や白点病などを発症させてしまいます。 小型熱帯魚の混泳水槽は、ダイヤモンド・ネオンテトラの輝きがカラフルなビー玉を散らしたような美しさを感じさせてくれます。 で、今度はダイヤモンドテトラをと。 また、オスがメスを追う姿が頻繁に見られるようになってきます。 [ 餌 ]人口餌 [注意点] ダイヤモンドテトラは大変丈夫な熱帯魚です。

Next

黄金色のダイヤモンドテトラには御用心!

東南アジアでブリードされたものが流通しています。 基本的に丈夫な熱帯魚なので、飼育難易度は容易とされています。 これはダイヤモンドテトラだけでなく、モンクホーシャ属の魚にはある程度共通して言える事です。 餌は人工餌で大丈夫ですがなんでもよく食べますのでダイヤモンドテトラの為にも生き餌や冷凍赤ミミズなどバランスよく食べさせてあげましょう。 当サイトへ相談、質問をお考えの方はをご覧いただいてからコメント頂ますよう、お願いいたします。 まずは1時間ほど、温度合わせをしました。

Next

ダイヤモンドテトラ|飼育方法(飼い方・餌・水温・混泳などのついて)|熱帯魚図鑑|熱帯魚の飼育・混泳・繁殖・病気など

また、体高もワイルド個体の方が高く鰭も大きく伸びるため馴れれば簡単に判別可能でしょう。 ワイツマニー テトラは飼い込むことでその魅力を堪能できる玄人好みの熱帯魚です。 特に、葉の柔らかい種類の水草や新芽部分を食べ、葉が丸ごと無くなるほど草食性が強いんですね。 ところで、ワイルド個体のダイヤモンドテトラの全身が黄金色に輝いていることがあります。 5前後の弱酸性水を用意して、水温は26度にします。

Next