公明党 10 万 円。 公明・山口氏、1人10万円の現金給付を政府に要請 安倍首相「方向性を持って検討」

困窮学生への10万円給付

与党側は首相の意向を受けて22日の補正予算の成立を目指してきたが、対応次第では日程が狂う可能性がある。 公明党・山口那津男代表:「一人あたり10万円、所得制限を付けないで国民に給付する・・・これを総理に決断を促した」 山口代表は緊急事態宣言を受けて経済や社会に大きな影響が出ているとして、所得制限を付けず一人あたり10万円の現金給付を行うよう安倍総理に求めました。 この観点から公明党の奮闘には「社会の分断をつくらない方向に導いた」(作家の佐藤優氏)との評価も得た。 岸田としては、さらなる現金給付の可能性を示唆することで、党内の異論を抑えていた。 このとき、山口氏はこの一律10万円給付が直ちに実現しなければ補正予算案に賛成できないとの強い覚悟を示したとされる。 政府は改めて補正予算案を編成する。 決断の日 そして、事態が急転直下動いたのは、自民・公明両党の幹部が激論を交わした翌日の4月16日だった。

Next

コロナ禍から国民守る 公明党の闘い

連立政権の発足から20年余りとなる両党の関係に禍根を残す可能性も否定できないという見方も出ている。 真の愛国心のある人がキャスティングボートを握らなくてどうするんですか?って思ってしまいます。 生活支援、雇用確保、事業延長にしっかり対策を打つべきだ」と強調。 現金は貯金するからって商品券にしようとすると 公明がこう言って、マスコミがそれに同調する。 32 ID:eHPmgLQO0 銀行の融資返済猶予でトリクルダウン起きるようにすればそこまで金配らんでもいいと思うよ。

Next

コロナ禍から国民守る 公明党の闘い

政府の一連のコロナ対策への国民からの批判の拡大と、内閣不支持率の急増が背景にあるとみられるが、浮足立ったトップリーダーの右往左往ぶりに、国民の間からも「もはやアベノリスクだ」との厳しい声も出始めた。 この背景について政府関係者は、「自民党の若手を中心に、一世帯30万円の給付の仕方に不満がたまっていた」と説明しており、政府内でも「一律給付の方がスッキリして早い」と呼応する声もあるとした。 公明党はスピードを重視して、 「一世帯30万円の現金給付を取りやめた上で、一律一人 10 万円給付の速やかな実施」を主張し、閣議決定目前の補正予算案を組み替えるよう求めた。 首相は「方向性を持って検討する」と応じた。 記者団に対し、国民世論や、党内から10万円の一律給付を求める声が上がっていたことを踏まえ、政府に実現を求めていく考えを示した。

Next

安倍首相、1人10万円に心変わりした裏 公明党幹部「錨が怒りに変わった」

だから、袂を分かつくらいの気持ちで、自民党が消えて無くなるくらいの気持ちでやるしかないんじゃないのかなと。 こんにちは。 。 事態を打開しようと山口は電話で再び首相に「2次補正予算の編成を待っていては手遅れになる。 写真は4月7日の記者会見(代表撮影/ロイター/アフロ) 安倍晋三首相は4月16日、緊急事態宣言の対象を全国に拡大するとともに、「困窮世帯に30万円」としていた現金給付を「全国民一律1人10万円」に大転換した。

Next

10万円 一律給付

公明党は現金給付をめぐり、政府の緊急経済対策に、収入が大幅に減ったことなどを条件に「1人当たり10万円給付」を盛り込むよう求めていた。 この背景には、連立与党である公明党による総理や官邸への強烈なプレッシャーがあったことが縷々報道されている。 「10万円を所得制限なしで一律に給付する方向性だ」。 山口も安倍に、「合意が得られるまで、国会対策の協議は応じられない」と伝えた。 安倍は、「政調会長同士で議論をまとめて、結論を持ってきてください」と答えた。 公明党は2017年衆議院選挙における各比例代表区合計で約700万票、2019年参議院選挙の全国比例では約650万票を獲得し、自公連立の重要なキーパーソンを担ってきた。 一方、菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で「政府として与党とよく連携して、補正予算をすみやかに成立させていただくことが重要であると考えている」と述べ、従来通り補正予算の成立を待って追加対策を検討する考えを示した。

Next

【緊急正論】田崎史郎「10万円一律給付を言い出した公明党はおかしい!彼らのせいで給付が遅れる!安倍晋三に従え!」

この中で、公明党は、収入が減少した世帯への30万円の給付は、国民の評価が厳しく、それに代わる一律給付を早期に行うべきだとして、補正予算案の見直しを求めた。 その上で、現金給付案をめぐる突然の方針転換については「混乱を招いたことは私自身の責任で、国民の皆さまには心からお詫びする」と陳謝した。 に takehisayuriko より• また、安倍首相は同日夜の政府対策本部で「全ての国民に一律10万円の給付を行う方向で与党で検討する」と表明した。 また二階は、「所得がたくさんある人にまで現金給付を行うのは財政的に困難だ」と述べ、所得制限を設けるべきだという考えも示していた。 生活支援策として減収世帯を対象とした1世帯当たり30万円給付が盛り込まれていた。

Next