チューリップ indigo la end。 indigo la End「チューリップ」花言葉で残り香を彩るラブソング

チューリップ 歌詞『indigo la End』

昨年リリースのライヴ会場限定シングルに収録された「幸せな街路樹」を含め、indigo la Endというバンドを象る4本柱というべき楽曲群だ。 あなたを独り占めにしたいなんて、そんな我儘はもう言わない。 過去にならないなら、あなたとの関係が続くなら、2番目だって構わない。 3はまさしく新境地。 しかしそんな賞も結末も彼女は望んでいないのです。 新たな一歩を踏み出したことが嬉しくてたまらないと言わんばかりに力強いアンサンブルがめくるめく。

Next

indigo la End『チューリップ』歌詞の意味を考察・解釈

種類によっても異なりますが「柑橘系のように酸っぱい」「ハーブのようにすっきり」「好ましくない匂い」など表現はさまざまです。 だけど今更どうすることもできない。 ライヴでも既に定番曲になっているTrack. 彼女もそれがはっきりわかったので口を固く閉ざしたのです。 冷たくして欲しい、というのはきっと現実にいるあなたというよりも、思い出の中のあなたに伝えているのかもしれません。 J-Pop• 失われた恋は決して帰ってなどこない。 そんな「私」に最初は手を差し出そうとしましたが、耐えきれなくなった「あなた」は手を引っ込めました。 いまさらそんな、だってあんなに愛し合ってこれからはもっと愛を深めて、ぇえーめちゃくちゃ!」 少なく見積もっても彼が彼女に対して誠実で丁寧な対応をしたとは思えません。

Next

indigo la End「チューリップ」花言葉で残り香を彩るラブソング

英語ではチューリップの花言葉は、「perfect lover(完璧な恋人)」という意味になります。 だけどそれももう手遅れだ。 (沖 さやこ) 川谷絵音がメジャー・デビュー時にインタビューで語った"今日のバンド・シーンに入っていくため"の骨頂が前作『幸せが溢れたら』ならば、『藍色ミュージック』はindigo la Endの感性が反応する音楽を追求したものだろう。 あまり良い意味では使用されないことが伝わったと思います。 過去にならなきゃ 2番目でも構わないって 口を開こうとしたけど 閉じてしまったものは もう戻らなくて チューリップ 作詞 川谷絵音 この言葉が全てを物語る。

Next

indigo la End る鹿×上杉柊平出演で終わっていく恋の切なさを描いた「チューリップ」MV公開

藍会で初めて聴いたチューリップ。 黄色いチューリップの花言葉は「望みのない恋」。 個人的に2サビ終わりからの展開がすごい好きなので映像もそれに見合うものにしたいと思って作りました。 上記の2人の会話を想定すると下記のようになるでしょうか。 同曲は2月末に配信が開始された楽曲で、indigo la Endらしい叙情的な歌詞のバラード。

Next

indigo la End る鹿×上杉柊平出演で終わっていく恋の切なさを描いた「チューリップ」MV公開

個人的なハイライトである「スウェル」では彼らにしか成し得ない超展開とエヴァー・グリーンなメロディ、そして全てをしっかりと完結させる完成度の高さは彼らの成長を強く感じる。 動画再生回数は 公開から僅か3日で30万を超える人気ナンバーです。 今作の場合は赤と白で明確に 「愛」をテーマにしています。 失恋した方も、忘れられない方も、 そうじゃなくても染みます。 一昔前の新海誠の作品のような、胸が張り裂けそうなストーリー。

Next

indigo la End「チューリップ」花言葉で残り香を彩るラブソング

。 色彩豊かな"メロディ"そして"歌"がこのバンドの武器であることは言うまでも無いが、緻密に構築したサウンドを縦横無尽にせめぎ合うバンド・サウンドにも同じくらい注目していただきたい。 琴線に触れるメロディ・ラインは歌詞同様の哀愁を綴り、歌詞もまた柔らかく滑らかにメロディを紡ぐ。 夏夜のマジック以来、久々に川谷くんと一緒に作れて懐かしくて楽しかったです。 個人的に2サビ終わりからの展開がすごい好きなので映像もそれに見合うものにしたいと思って作りました。

Next

indigo la End チューリップ 歌詞&動画視聴

フィクションとノンフィクションの間を華麗に行き来する楽曲群に翻弄され、聴くたびに違った景色が広がるのは、indigo la Endが人の心にしっかりと寄り添う、ぬくもり溢れるミュージックを奏でているからだ。 そう「私」は言おうとしましたが、ここで初めて「私」はもう戻れないことを受け入れて口を閉ざしたのではないでしょうか。 そしてそこにはひとつひとつ大きな意味が存在する。 失った愛に想いすがることくらいしか。 今作はタイトルとなっている「チューリップ」が映し出されるところからスタートしています。 実際チューリップは 環境によって香りが変化するようです。 ロックはもちろん、ブラック・ミュージック、ファンク、ダンス・ポップ、チルウェイヴなどを取り込んで作られた独自の音楽性は落ち着いていてシック、まさしく藍色。

Next