ろうそく デモ。 「文在寅はだめニダ」ロウソクデモから二年再び機運高まる 韓国人の反応

韓国大統領選と「ろうそくデモ」、日本人留学生の私が目にした歴史的な「光」

ろうそくは、 「暗闇を照らし、夜明けの光を待つ」 「一つ一つの明かりは小さいけど、 いくつものろうそくが集まれば、 世の中を照らす大きな光になる」 などといった意味でも、 権力に抵抗する民衆の意思として大切にされています。 南北首脳会談のように前進があると思ったはずだ。 そのため、21周年を祝う意味も兼ねて多くの人々が参集した。 幸い、私の指導教授は学生に仕事をさせるタイプではなかったが、それでも徹夜は当たり前だった。 また、「朴槿恵がやろうとしていた国定教科書に反対していた人が似たようなことをしている」という皮肉もあった。

Next

韓国大統領選と「ろうそくデモ」、日本人留学生の私が目にした歴史的な「光」

そう考えると、この記事の浅はかさも透けて見えるだろう。 韓国語では、 「촛불시위(ろうそくデモ)」や 「촛불집회(ろうそく集会)」と 言われています。 また、当日にはステージと大型スクリーンを数か所に設置し、救護所や弁護団チームも運営する。 (5)社会を変える意気込みがある 普段は車しか通らない大通りに、3歳児から80歳以上の老人までが溢れる。 改憲派学生、渋谷駅で訴え 東京・JR渋谷駅前で14日、若者グループ「にっぽん憲法プロジェクト」が「今こそ若者から改憲議論を」と訴えた。

Next

「韓国はこんな後進国だったの?」在韓外国人が見た崔順実事件=韓国ネット「大統領のせいで国のイメージがぼろぼろ」「確かに政治は後れているが…」|レコードチャイナ

「我々」とは誰か? この爆発的な市民行動の主役および特徴については慎重に定義しなければならない。 徐さんはこう見る。 投票所から出てくる人は全体的に、複雑そうな表情を浮かべていた。 時代遅れ扱いされてきた「デモクラシー」という言葉は、広場にろうそくを掲げた市民のおかげで再び関心を集めている。 4〜5車線分を横断歩道で渡って広場に足を踏み入れる。

Next

「韓国はこんな後進国だったの?」在韓外国人が見た崔順実事件=韓国ネット「大統領のせいで国のイメージがぼろぼろ」「確かに政治は後れているが…」|レコードチャイナ

ひと言で、デモの「インフラ」を担う。 キム・ドフン編集長に話を聴き終わった頃、当選確実が出た文在寅氏が支持者に直接報告すると教えてもらった。 大統領退陣のみならず、検察改革、格差是正と財閥改革、メディア改革、民主主義的制度の発展、マイノリティの人権保障、公開的で開かれた政治の実現など、韓国社会の基本構造を再び立て直そうという市民の要求がそこで深められていった。 だから中国も豊かになれば民主主義を尊重するようになるだろう、と。 実際、この社説は「驚いた世界」を示す具体例を一切挙げていないのです。

Next

「名誉革命」と韓国紙は自賛するのだが:日経ビジネス電子版

学歴や職業で分化された格差社会。 1980年に民主化を求める市民の声を、軍部の銃剣によって圧殺して登場した全斗煥大統領も、大統領直接選挙制の実現を求めて数百万人の市民が立ち上がった87年6月民衆抗争によって退陣を余儀なくされ、その後、新憲法のもと韓国社会は本格的な民主化の道を歩み始めたのである。 それなら記事題目も「4万人愛国市民、ムン・ジェイン退陣を要求し街頭行進」と書かなければいけないのに、何故かどのメディアもこのような記事を書かなかった。 しかし、お祭りと違うのは、参加者から感じられる切迫感だ。 北朝鮮は日本側の要求を10分の1解決すれば、ボールを日本側に投げてくるはずだ。 だが、それ以外は自由だ。 変わらざるを得ない。

Next

韓国の「反安倍ろうそくデモ」は「朴槿恵弾劾ろうそくデモ」の規模まで拡大するか!?(辺真一)

こうした平和的なデモができるのも、 参加者が持つ、 ろうそく(촛불)にその意義があるように思います。 冗談めかしていたが、本音だったのだろう。 努力が報われないことに怒りを示すと思っていたが、想像よりもドライな反応だった。 連日、残業や休日出勤が常だったが、残業代は出なかった。 1980年代から脈々と受け継がれる「デモ文化」の底を支える市民団体や労組の組織はだいぶ弱体化したものの、瓦解にいたるまでは至らず踏みとどまっている。 法治とはどういうことをもう一度勉強されることを強く勧める。

Next