本日 の 日経 平均。 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月5日記)

明日の日経平均株価予想 本日の推移と今後の展望 2020年5月27日

今までの展開としては堅調に推移してV字回復しました。 戻り高値を更新し、まだ上があるかのような形になっています。 投資家主体別の売買動向です。 その後少し反発しますが買いが続かず、再び右肩下がりの展開で22500円付近まで下げてしまいました。 後場の東京市場は、引き続き底堅い動きとなりそうだ。

Next

明日の日経平均株価予想 本日の推移と今後の展望 2020年5月28日

11時台に少し調整し、午後は更に上を目指す展開となり、21400円台まで上昇しました。 しかし、3月初旬に下げ渋った価格帯に入ってきましたので、少し抵抗があるかも知れませんね。 も、よろしくお願いします。 日足チャートを見ると、節目の23000円を前に伸び悩む一方、22400円台に位置する5日移動平均線が下値を支える格好だ。 今週は上がりやすい週なのか、木曜日も上げの特異日ですので、しっかり上げて行って21000円トライを見たいものです。 5月 上げの特異日 8日(金) 22日(金) 26日(火) 28日(木) 下げの特異日 7日(木) より 下にアンケートフォームを設置しています。

Next

値下がり率:株式ランキング

東証1部の値上がり銘柄数は1614、値下がり銘柄数は496となった。 そう考えると、ある程度の場面で価格は膠着状態が続くのではないかと考えております。 上昇トレンド継続中ですので、方向性は上なのですが、少し上げ過ぎましたので、一時的に利食い売りが出てくるかも知れません。 為替ドル円は、105円90銭~108円90銭辺りが意識される。 株探ニュース. 前週末のダウ平均の下落を受けた今日の東京株式市場は、新型コロナウイルス感染再拡大懸念や、朝鮮半島の地政学リスクの高まりなどへの警戒感から売りが先行した。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 28%で、スピード違反状態です。

Next

明日の日経平均株価予想 本日の推移と今後の展望 2020年5月25日

先週末に5日移動平均線を下回り、少し危うい状態でしたが、今日の上昇でその危うさを否定した感じです。 今夕、非常事態宣言が解除される流れとなっています。 株高局面では、株価上昇による「資産効果」により、特に富裕層の消費が拡大する。 セクターでは、鉄鋼、医薬品、繊維製品、パルプ・紙、非鉄金属などが上昇率上位。 富裕層でなくても、「給付金の10万円で株を買ってみたら3万円ももうかった。

Next

日経平均は続伸、下落して始まるも底堅い推移で安心感広がる/ランチタイムコメント

一方日経平均株価は大きく上昇し、壁になりかけていた21000円を突破しました。 さて、当欄では海外ヘッジファンド等の「二番底シナリオ」修正に伴う買い戻しの動きを伝えてきた。 27 09:37 大引け 22512. なお、本日、寄り付き値が昨日の終値2万2695円以下から始まって、そのまま下げの流れとなって、2万2501円を割れて引けると、昨日の高値2万2907円が戻り高値となって、下げ幅の大きな調整場面へ入る可能性が出てきます。 1倍で通期計画を大幅超過。 今日は上げの特異日で、強い相場になりました。 37 高値 22589. 家族で美味しいものでも食べに行こうか」ということにも繋がるのかもしれない。

Next

明日の日経平均株価予想 本日の推移と今後の展望 2020年5月26日

ここで上げどまるのか? 更に上を目指せるのか? もう少し見てみたいところです。 本日の日経平均は、新型コロナウイルス感染再拡大への懸念などで下げて始まったが、その後は押し目買いに下げ渋り、プラスに転じた。 下向きの75日移動平均線から少し離れましたので、環境しだいでは上を目指せる形になっています。 日本航空やエイチ・アイ・エスといったインバウンド関連株が売られ、すかいらーくホールディングスや花王も軟調だった。 6%減予想と発表したサツドラホールディングス、株主優待制度を廃止すると発表したキャリアなどが下げた。 東京市場ではは3日ぶりに反発。

Next

クロス円はやや軟化、日経平均は本日安値更新=東京為替

NYダウは大きく上昇し、25日移動平均線と75日移動平均線がまもなくゴールデンクロスしそうです。 HOYAが3%近く下落し、ZHDは4%超の下落。 13% 高の2万2512. 今後の問題としては変わらず以下の内容が考えられます。 日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより 始値 22424. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 25日移動平均線との乖離率は6%を超えていますので少しブレーキを踏んでほしいのですが・・・。 戻り高値を更新し、強い相場になっていますが、少しスピードが速すぎますので注意も必要です。

Next

明日の日経平均株価予想 本日の推移と今後の展望 2020年5月26日

しかしそこから反発し、中盤は25200ドル台半ばでのもみ合いが続きます。 構造改革や紐付き価格引き上げを評価し国内証券が格上げした日本製鉄、新型コロナウイルス検査キットの開発でライセンス契約を結ぶと報じられ取引時間中に正式発表した塩野義薬も堅調推移となった。 半面、ソニーやオリエンタルランドが安く、ファナックやホンダが値を下げた。 by 株式勝男 パンローリング ソフトウェア (Windows対応) 30分更新で最新の人気ブログが見つかります! お役立ち外部リンク ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 【勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!】 初心者の個人投資家からベテランの投資家まで、的確な投資情報を提供する、株式情報サイト【勝ち株ナビ】会員登録後は、無料推奨銘柄・国内外のマーケット情報・有名投資家のコラムや市況など、株式投資に役立つ無料コンテンツがご利用いただけます。 一方で日経平均への寄与が大きい値がさ株が小安く、高バリュエーションのグロース(成長)株の軟調ぶりが目立つ。 それを受けて始まった日本市場・日経平均先物は、高い始まりとなりました。 個別銘柄では、ソフトバンクグループが高く、トヨタ自動車やキヤノンが値を上げた。

Next