バッハ インベンション。 インヴェンション BWV 772

(練習日記)バッハの「インベンション8番」のピアノ練習中です!

曲は強く、速く、激しい曲です。 バッハ作品 [ ] 最も有名な作品は、の《》の前半部分である。 左手が赤。 まぁもうちょっとあがいてみることにしよう。 これらのことを、バッハの インヴェンションを通して学んでいくよ! そして、いろいろな曲で2声を歌える(弾ける)力をつけていきます。

Next

バッハのインベンション

プレ・インベンションより最初の曲 「小フーガ1番(ローリー作曲)」をあげました。 それには大抵「バッハは弾きにくい」という理由があるのですが、なぜ弾きにくいかというと… インベンションは2声、つまり右手と左手にそれぞれメロディーの役割があります。 Sarabande 作曲者 :• 第1番 ハ長調 BWV 787 4分の4拍子。 同年、聖トーマス教会音楽監督(トーマスカントル)に就任します。 手の運動と結びつけることで、より自然な音楽性を習得するためである。

Next

【初心者向け】バッハで上達!おすすめ5曲【ピアノ独学】

白鍵が多く、テンポもゆったりのため、初心者の人でもできると思います。 第6番 ホ長調 BWV 792 8分の9拍子。 」 バッハは完成した曲集の扉に自らこのようにしたためた。 Miniature Fugue 1 作曲者 :• 異稿(BWV 791a)がある。 主題のうち16分音符の後半(階段状に下がるF-D-E-Cの部分)をすべて3連符にした異稿(BWV 772a)が残っており、こちらをバッハの最終的な意図(改訂)として採用するのような演奏家もいる。 ただし、先生についてらっしゃるようでしたら、練習順序を先生に相談なさるのもよいかと思います。 Scherzando 作曲者 :• 1週間に1曲をあげていく事が出来れば二声三声あわせて30曲を1年弱で終わらせることも出来ますが、内容を突き詰めていく形のレッスンの仕方で、更に普通の生活をしていく中で練習時間を作る人であればなかなか短期間では終わりません。

Next

楽天ブックス: バッハ インベンション

プレ・インベンションより「小フーガ1番」 先のバッハ教材、アンナ・マグダレーナの他に、多声部の音楽「フーガ」「カノン」などを学ぶため、「プレ・インベンション」という教材があります。 最後についた...。 第13番 イ短調 BWV 799 8分の9拍子。 そして3年生になる頃には平均律の4声のフーガ• このように、曲全体が主調を巡るドラマを織り成している。 Scherzino 作曲者 :• 鬼気迫る勢いで弾くからだろうか?? p. 聴き方• しばしば非常に速いテンポで演奏される。

Next

バッハの装飾符を今一度整理してみよう

譜読みは確かに早そうですが、指が速く回る、とかではなくハノンなどで 指の独立などは、万が一音大に進まれることがあった時の場合のために そういうテクニックを身につけるのは小学校高学年が一番大切な時期だと思います。 楽曲の特徴 [ ] インヴェンションは、様式が採用された器楽曲で、短い呈示部と長めの展開部から成り、一部の曲では短い再現部によって閉じられる。 右手、左手それぞれこの練習も丁寧に やりましょう。 それが嫌で楽しくいろんな曲を弾きたい!というのならばいいのですが。 左手のオクターブの上に右手が優雅な主題を奏でる。

Next

『バッハの練習の仕方★』~大人のピアノ独学~

ちなみに私個人としては、インベンションに関しては 拍の頭から トリルを開始してます。 なぜ「音楽の父」なのか。 リコルディ版は、テーマは自分で探さないといけないけど、強弱ついてるから曲の雰囲気がわかりやすいし、スラーもあって弾きやすいです。 。 まとめ - 初心者おすすめバッハ5曲 — ピアノ独学、初心者向けに、バッハの曲を5つ紹介しました。 その結果、相対的に高難度の楽曲が容赦なく前半に再配置されることなった。

Next

バッハの装飾符を今一度整理してみよう

32分音符と16分音符の組み合わさった軽やかな主題。 インベンションについては、奏法の解説書なども数多く出ていますが、わたしが持っている解説書には、インベンションの難易度について、次のように示されていました(左から易しい順です)。 ・市田儀一郎氏が校訂している全音の楽譜は、「全バッハ全集」を元にして校訂されているのでいいと思います。 10小節目の音量は9小節目よりも落とします。 。 まとめ・インヴェンションとシンフォニアのオススメ楽譜 バッハの作品は、芸術として素晴らしい曲やとてつもなく深い曲がたくさんあります。 「バッハに直接聞けない現在」となっては すべてが課題ですね^^ でも それも「想像性」「解釈論」などを養う いい材料かも。

Next