約束 の ネバーランド 166。 約束のネバーランド167話ネタバレ最新話の考察|エマたちの決死の防衛戦

【約束のネバーランド】165ネタバレ確定感想&考察、ママの身に起こったこと![→166話]

この先子供たちがエマと再会できたとしても、エマが家族を認識できなければ真の再会とは言えないでしょう。 だろうな、ここならあの人数を最小警備で閉じ込めておけるとヴィンセントも同意。 約束のネバーランド166話の焦点 約束のネバーランド166話以降では、本格的にイザベラとエマ、ノーマン、レイ達の対決が始まると思います。 まず館内を停電にして、その隙に捕らえられている部屋に一気に侵入します。 今までのように、エマとレイの二人だけではイザベラやラートリーに頭脳で対抗できなかったかもしれませんが、こちらにはノーマンという力強い味方が加わっています。 果たしてエマたちは太刀打ちできるのでしょうか…。 さらに、迷いますかと問いかけるピーター。

Next

約束のネバーランド 最新第166話ゴーバックホームネタバレ含む感想と考察。エマたちの狙いがピーターの意表を突く。

その隙にジリアンが人質となっていた子供たちを奪還。 途方もないかくれんぼ この途方もなく広い世界から、エマというたった一人の存在を見つけ出さなければならない。 やはりGF育ちの面々が主力となって引っ張っていく必要があるのは間違いないだろう! 約束のネバーランド166話より引用 GF育ちの面々が主力となって引っ張っていく必要があるのは間違いないだろう! ラートリー陣営から見てみると、エマ・レイ・ノーマンは飛んで火にいる夏の虫のように見えているかもしれない。 なので、エマも最初は理解できていなかったけど、説明されて分かる、というような形なのかなと。 その時点ではグランマになりたくないという気持ちの方が強かったはずです。 人質の奪還と安全確保。 次回、奪還作戦を開始したエマ達とイザベラの頭脳戦になるんでしょうか。

Next

【約ネバ】166話ネタバレ!GF農園を占拠するエマ達

181話で完結? 6月15日発売の週刊少年ジャンプで、約束のネバーランドがセンタカラーを飾ることが発表されました。 ただ、 やっぱ3つともしっくりこないですね 笑 それっぽいのはそれっぽいんですが、この「ごほうび」については 「それっぽい解答ほど違う」気がしますね…。 連絡の取れなくなった第2備品室ですが、その外の警備もドンとギルダによって撃退され、連絡不能に。 彼女をどう動かすのかが見所となってくると思います。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用 しかし第2備品庫では、それが0になるよりも一瞬早く、ジリアンやザックが鬼達の上から奇襲を狙っていました! 鬼達より早くそれに気付いたヴァイオレットが目を見開きます! 遅れて気付き、叫ぶ鬼。 部屋の外の警備は、ドンやギルダ、アイシェ達が制圧したようです。 窓から見守るイザベラと鬼達。

Next

約束のネバーランド第166話【約ネバ通信VOL.66】|maesaqu|note

最初から逃げる気なんかなかった。 だから、変に設定を明かすよりは「明かさない」方がいいと思っているし、そうなるんじゃないかなと思っています。 アンナが泣きながらナットやみんなに謝ります。 シスロ、いくらラムダの力が桁外れとはいえ、怪我を負っているはずですが大丈夫なんでしょうか。 可能性としては低いのかなと。 イザベラがやっぱり読めないですね。 それか、ラートリーとも裏切って、第三勢力として両者に立ちはだかるというのも魅力的です。

Next

最新ネタバレ『約束のネバーランド』165

そして「グランマ・イザベラ」として子供たちのママとなったのですが、明日の夜明けまでに子供たち全員を「摘んでください」とラートリーに言われます。 謎を残したまま最終回を迎える可能性もあるため、鬼滅の刃のようにスピンオフが作製されるかもしれません。 君は商品を制御しきれなかったが、君を制御しきれなかったのは彼女だと言います。 なぜ食べられる人間とそうでない人間がいるのか知りたくないかと、眼光鋭く問いかけるピーター。 個人的にエマは「表も裏もない」と思っています。 エマと再会を果たした子供たちですが、やはりエマの記憶は戻りませんでした。

Next

「約束のネバーランド」海外ドラマ化決定! アカデミー賞「スパイダーバース」監督がメガホン

GF内の停電が復旧される。 それでもピーターに自由を教えてやると言われてグランマになりました。 そして作戦決行の朝。 すみやかに地下2階、第2備品庫を目指します。 最初にママを見た時の三人は、一瞬驚くような顔をしつつも、すぐ決意を固めたような表情に切り替わっていました。 農園設立以来ということは、おそらくイザベラよりも頭脳は上なのではないでしょうか。

Next