プレゼン 資料 の 作り方。 プレゼン資料のコツまとめ|資料作成の目的やロジカルな資料作りの方法論

見やすいプレゼン、作り方のポイントは?

Macの場合は予め設定が決まっています。 図や画像だけ見せられてもイメージは浮かびますが、 何の情報なのか詳細には分からないですよね。 また、文字色や画像を効果的に利用すると、よりメッセージの印象は強まります。 何かの「改善サイクル」を説明するときなどに向いています。 プレゼン資料を作り始める前に全体的な構成を考える• タイトルを拾って理解できる 最後に、少し高度なテクニックをご紹介します。

Next

プレゼン資料の作り方のコツ・表紙に記す事項・理想のデザイン

逆にチャートメッセージを書かないと、聞き手はその資料から「発表者は何を言いたいのか?この資料にどんな意味があるのか?」を考えしまい、本来は考えなくてもいいところにパワーを使わせてしまい、プレゼンの効果が半減してしまいます。 私は…どうして「水滴?」と思いました。 ぜひ参考にしてみてください。 なお、Macにはメイリオが標準搭載されていないため、代替として「游ゴシック体」や「ヒラギノ角ゴシック」などもおすすめです。 ここで、逆にBとは全く関係ないCという話が展開され始めると、聞き手の頭がモヤモヤした状態のままプレゼンが先に進むことになってしまいます。

Next

外資系戦略コンサル直伝! 図解資料の作り方【12の「型」だけ覚えよう】

より注意力を惹きつけるのに効果的です。 文字数は必要最小限に抑えられ、文字よりも図解などを多用している。 あらゆるシチュエーションに応じて最適化を図らなければいけません。 そのプレゼンをすることで相手にどうなっていてもらいたいのか? 特に2つめの目的については、ついつい、自分の言いたいことばかり話してしまって、相手にどうしてもらうべきだったのかを伝えることを忘れがちになるので注意が必要です。 質問者と同じ言葉を使う(質問者が「お客様」と言ったら「顧客」を使わずに「お客様」を使う)• 例えば、あるコンサルティングのプロジェクトを例に取ると、下の図の色付きの部分が「プレゼンテーション」になります。 だから重要なポイントはエンディングで繰り返してあげる。

Next

プレゼン「パワーポイント」5つの下準備/パワポ資料の作り方その1

極端に言えば、プレゼン資料が 中学生でも理解できる内容であれば、全員が理解できるでしょう。 はっきり見えますね。 1チャート1メッセージ こちら、よく外資系のコンサルティング会社など使用されているノウハウ。 鋭い指摘を浴びせられて立ち往生したこともあります。 強みや利益を伝えるときに、聞き手が抱える悩みをどのように解決できるか説明するのがポイントです。 ライバルたちと一線を画すもの、差をつけるものを作るには足し算すればいいわけではありません。

Next

さくっと簡単にプレゼン資料を作るには・・・

重要なことは強調する プレゼンテーションの根幹にかかわるような重要なことは、聞き手の注意が向くように強調した話し方をします。 テーマを言い換えながら繰り返し伝えられる構成です。 本教材では、PowerPointを活用した効果的なプレゼン資料の作成方法について学びます。 それは、「今日は何の目的のプレゼンなのか?自分は何をすべきなのか?どの程度時間がかかるのか?話の落としどころは何なのか?」などの疑問を抱えたままプレゼンを聞くことになるからです。 つまり、それをフォーマットとして共有することで「全部やり直し」といった厳しい手戻りを減らすことができるのです。 FABE FABEは営業や企画提案のプレゼンでよく用いられる手法です。

Next

超簡単!すぐ真似できるプレゼン資料の作り方

そして最後に、より生産性を追求するであれば、その資料作成が本当に必要かどうかを見極めることも大切です。 メッセージで盛り込むべき3つの要素の中で最も忘れられがちな存在ですが、これを最初に伝えることでコミュニケーションはより加速します。 聞き手が賛成してくれたらいいのか• このように「光彩」は、背景に色がついている場合や背景が写真、動画などの場合、文字をはっきりと見せる時にとても役立ちます。 正しそうに思えますが、よく考えてみると、企業はそもそも出世する従業員をMBA留学に派遣しているのかもしれません。 印刷せず、インパクト重視の場面では「灰色」や「クリーム色」、「黒」にします。

Next

プレゼン資料で必要なコツ~デザイン・構成・作り方~

Zの法則、Fの法則を意識してレイアウトを考える• プレゼン資料を作成し始める前に、下の図のようにプレゼンテーションの相手・目的を書き出しておきましょう。 エンディングでやると効果的なこと• また、文字が増えると何を伝えたいのか、大事なポイントが埋もれてしまうとも考えられます。 「カラフル」というのをクリックすると鮮やかな色に!そして、 「立体的」にすることも出来ます。 パッと見は。 例えば、インターネットの記事などはほとんどがゴシック体です。 また、業務効率アップのためには全員の PCスキルを底上げすることも重要です。 「強調色」ですが、話のポイントとなる文章の部分の背景色や文字色を変えるのに使います。

Next