パンデミック 予言。 【新型コロナ】このウイルスのパンデミックを予言していた女性がいた!

【都市伝説】イルミナティカードの予言まとめ13選

教授曰く、これは 銀行の利率のようなものなのだといいます。 今度揺れると広範囲に思える。 ちなみに占星術的に言えば、3月下旬に一度収束するものの再燃し、4月がピークという見立て。 これが今後の日本の新しい グランドデザインになるかもしれません。 感染者も重体の方が多く、死者はますます増える見込みです。

Next

インド少年がコロナ騒動予言的中! もっとヤバい“スーパーバグ”とは!?

イタリアは人口あたりの病床と看護師の数が少ないので、症状が出ても自宅で様子を見る日米式の検査方針です。 米国が中国を抜いてしまった… Image: worldometers 発症から入院まで4日、入院から死亡までが4日という猛スピードで、 死亡者の平均年齢は平均80歳。 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言している人やモノ バイオテック投資家がヘルスケア業界を予言 今後のコロナウィルスや世界がどうなるかを予言している人は、バイオテック投資家です。 の著者・高嶋哲夫氏である。 ほかの国の今後 さて気になるのは今後ですが、中国は「新規感染はもうじきゼロになるだろう」、韓国は「峠は越えた。 あるいは超絶的な感染力を持った致死性インフルエンザかもしれません」(ビル・ゲイツ氏) 英米の情報機関は、ISがシリアとイラクで生物兵器を研究開発していることを突き止めていながらあまりこれといった対策を講じておらず、彼らの開発能力を軽視しているのではないかとゲイツ氏は警告する。 全世界的に大混乱が起きるため、五輪どころではなくなるかもしれません」 全世界的に大混乱=コロナウィルス のこと?? と今となっては誰もがそう考えてしまいますね。

Next

ウイルス学の岡田晴恵氏、10年前に書いた小説の中でパンデミックを予言!?|感染爆発〈パンデミック〉の真実|岡田晴恵

「ムカワ」 アレ~漢字よりムカワが大きく見えました。 新しいアイデアやイノベーションが生まれ、今後の世界はより診療が受けやすい世の中になると予言しています。 誰もが「必ずよくなる」「明るい未来が訪れる」と信じて、願うことをやめなければコロナ大流行も収束を迎えます。 その姿を見ない日はない。 問屋に連絡しても工面のめどは立たないという。

Next

【聖書予言】もうすぐグローバルパンデミックで10億人死亡! 最新シミュレーションでも確定、「大患難時代」到来か!?(2018年8月22日)|BIGLOBEニュース

ところがその後、事態は急転。 海上で接触して、水、食料、医薬品を与えて国に帰るように説得したらどうです」 「すでに総理が支持を出した。 あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか? もしも、まだ 「やっぱり不安がある…。 また、失業、自殺も大きな懸念事項です。 水や食料までは知らないが」 優司はぶっきらぼうに言った 高嶋哲夫『首都感染』(講談社). 8)の2年後に、昭和南海地震(M8. ただし、 一部の方たちからは震災後に日付を操作しブログを更新したのではないか??との疑問の声も上がっています。 内容は言うまでもあるまい。 このパンデミックは聖書に書かれているというのだ。

Next

東京オリンピックは中止!予言者の松原照子さんが断言したその内容とは!?

ただの予測 ・ 予言に過ぎない のですが、いつ地震がきても 問題ないようにみなさんも注意 して下さい 🙌🏻 — hina hina43872016 因みにスペイン風邪のすぐ後にも関東大震災来てるからね。 作家・株式会社SYO代表取締役。 防衛省の先輩が言ってました。 軍は町ごと爆破するという暴挙。 ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 ちなみに2020年で祝日と水曜日が重なるのは…• そのヘルスケア業界がこのコロナパニックをきっかけに、大きく変革するとバイオテック投資家が予想しているのです。

Next

緊急重版‼ 25年も前にコロナウイルスの脅威を予見していた⁉ 篠田節子のパンデミック・ミステリ『夏の災厄』試し読み公開中|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

Penguin Random House 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 1999年人類滅亡予言を外したことで、世間から顧みられることが少なくなったであるが、人類滅亡予言には異論もあり、決して予言が外れたわけではないと解釈する者もいる。 ただ、5月29日で完全に終わるわけではなく、徐々に減少していき、本格的に収束するのは7月からだという。 アメリカ大統領権限の命令を受けて町を爆撃するために爆撃機を操縦するパイロットを説得するシーンが特に印象に残りました。 まずは、個人でできることから始めてみることが大切なようだ。 特にこの5年の化学分野の技術進歩によって、生物兵器の研究開発はそれまでよりも格段に容易になっているということだ。 インフルエンザといえばウイルスですが、このウイルスが変異しやすくなっています。

Next