かんかん だら。 かんかんだら について

姦姦蛇螺

今後は怖いもの知らずもほどほどにしとけよ。 ちなみに俺は今27歳。 お母さんには後で説明させてもらいます。 特にオレとAは、マジでやばい事になってきたと焦ってさえいた。 オレ達が歩きだせばその音も歩きだし、オレ達が立ち止まると音も止まる。

Next

【洒落怖】昔田舎で起こった話【後日談】

もはや神話や伝説に近い話。 三人とも見るのは初めてだったんだが、想像以上のものだった。 近づいてくるわけでも遠ざかるわけでもない。 だが親父は何ら反応する様子もなく、淡々と話を続けたらしい。 閉塞感と言うのかな、檻に閉じ込められたような息苦しさを感じた。 A 「父親がそこまで言うなんて相当だな」 オレ 「噂じゃカルト教団のアジトだっけ。 だが、どういうわけかお前らはそれを見てない。

Next

2chで語り継がれる怖い話【姦姦蛇螺(かんかんだら)】

かつて村を襲っていた大蛇を退治しようと村人だったが、到底大蛇には敵わないと悟り、ひとりの巫女を生贄として大蛇に食わせた。 村人達が陰から見守る中、巫女は大蛇を退治すべく懸命に立ち向かった。 明らかにやばいだろ。 上下の歯をむき出しにするようにい? 音以上にその柵の様子の方が意味不明だったからだ。 大蛇がある日から姿を見せなくなり、 襲うものがいなくなったはずの村で次々と人が死んでいった。

Next

【洒落怖 名作】 姦姦蛇螺

それではっとしたオレ達はすぐにAを起こし、一気に入り口へ走った。 それを見て、あぁこの人も先代同様、 本物なんだなと思い少し体が軽くなった。 私の責任なんです。 そこで「姦姦蛇螺(かんかんだら)」と呼ばれる怪異な存在と遭遇してしまう・・・。 そこでオレ達も話を聞いた。 」 その言葉に何か凄まじい気迫みたいなものを感じたらしいが、いいから話してみろ!と煽った。

Next

姦姦蛇螺

遠くから微かに聞こえてきている音は、オレ達の動きに合わせていた。 元の呪術にBの意向が合わさっているようなかたちになり、 俺とCに降りかかる厄災は、 「自らが死ぬよりも辛いことが起こり続ける」 という内容だったのではないかと。 過去に、何人も被害が出ているが、あまりの恐怖ゆえ、伝播していないのが実際のようです。 【この動画は作り物か】はたまた【本当に映ってしまったのか?】、作り物だとしたら、あまりにもリアルすぎる。 」 B 「ねえな。 十八人が死亡。

Next

【洒落怖】昔田舎で起こった話【後日談】

一目で状況を察した親父はBを無視して黙ったまんまお母さんに近づいていった。 何かひんやりした空気を感じずにはいられなかった。 するとちりんちりんちりん!! 柵にかかってるのとは別の、正式なものっぽい紙垂もかけられてた。 向こうはさっきからずっと同じぐらいの位置だし」 Aが言うように、森に入ってからここまでの二十分ほど、オレ達とその音との距離は一向に変わってなかった。 それからずっと音に付きまとわれながら進んでたが、やっと柵が見えてくると、音なんかどうでもよくなった。 わしは詳しく聞いてなかったが、あの症状なら他の原因も考えられる。

Next

【洒落怖 名作】 姦姦蛇螺

まるでこっちの様子がわかっているようだった。 閉塞感と言うのかな、檻に閉じ込められたような息苦しさを感じた。 普段は霊などバカにしてるオレ達から見ても、その先にあるのが、現実的なものでない事を示唆しているとしか思えない。 目にした瞬間は、三人とも言葉が出なかった。 Bが助かるとわかっただけで充分だったし、この時のBのお母さんの表情は本当に凄かった。 オレとAは家族にもまるっきり見放されてたんだが、Bはお母さんだけは必ず構ってくれてた。

Next