サレタガワ の ブルー。 サレタガワのブルー70話のネタバレ!最新話はゴミ屋敷で真実への確信を

サレタガワのブルーネタバレ70と感想!和正の新たな女がとうとう梢に・・・バレた!

聞くところによると、和正にもう一人の愛人がいるかもしれないとのことでした。 さて一人おいてけぼりになってしまった藍子。 さらには和正の家庭もぶっ怖そうとする鬼畜さ! いくら漫画とはいえ、ここまで最低な女もなかなかいません。 「なんだこの漫画、現実感ないじゃん!」 と、思いがちですが、これくらいデフォルメした方がいいですよ。 設定自体はかなりベタではありますが そんな「サレタガワのブルー」がこの設定をどう生かしているのか? そんなところを含め「サレタガワのブルー」の面白さについて これからたっぷりと語っていきましょう。 その頃、藍子は浮気相手の男性に抱かれて…。

Next

サレタガワのブルー【50話】ネタバレ!お互い離婚成立までもうひと踏ん張り!│シロカミエンタ

果たして、暢は藍子の不倫に気づいてしまうのか? 暢と藍子はどのような結末に行き着いてしまうのか? 不倫という日常に潜んだ危ない行為をテーマに 夫婦が崩れていく様を描いていく大人なサスペンス漫画 全体の概要・あらすじはこんな感じです。 そんな様子を見ながら、「かっこいい…」ときゅんとしている藍子。 \ダウンロードは無料!/ また「サレタガワノブルー 」はマンガmeeで配信されている漫画なので、 最新話が読めるのはマンガmeeだけ! 他の配信サービスでは、最新話は読むことができません。 ・恋人の二股や浮気発覚後、事実を受け入れられず精神的に落ち込む。 梢は以前和正のトークアプリを見たことがありましたが、藍子以外にやり取りをしている相手がいる様子はありませんでした。

Next

サレタガワのブルー・第54話のネタバレと感想|マンガMee|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

そして藍子は赤ちゃんのエコー写真をかしてほしいとお願いする。 棚の向かい側で声を押し殺す藍子と和正。 高橋は藍子の良い後輩と言う感じでしたが、意外と天然というか(あるいは超したたか?)やらかす感が強そうです。 どうやら、藍子の妹が営むスナックらしく、ある作戦を実行する…!! 本屋で買うより安い• さらに母子手帳を和正に見せ、この子を一緒に育てていこう、というのです。 サレタガワのブルー最新話はどうなってるのか気になるよね ネタバレも含むので先を知りたくない人は注意してくださいね! どん底の藍子に救世主あらわる!? のぶるからマンションを追い出されて行き場を失った藍子。 ともみはついに私と一緒になるという約束を守ってくれたのか、と思いうれしい気持ちでいっぱいです。

Next

サレタガワのブルー【50話】ネタバレ!お互い離婚成立までもうひと踏ん張り!│シロカミエンタ

家を出て行くとまで言い出したので、そうしろと思う暢でしたが、冷たくしたことが原因で離婚したいと言われても困ると、我慢することに…。 そんな「サレタガワのブルー」がどんなジャンルの 漫画なのかを話していきましょう。 藍子は2人に怒りをぶつけます。 「サレタガワのブルー」の全体評 「サレタガワのブルー」は不倫をテーマにしている漫画なので 読む前はかなり重々しい雰囲気がある漫画ですが 女性側が不倫をするという設定の変化を加えたことや 良い側、悪い側とキャラクターを極端に設定したことから 読みやすい漫画に仕上げてくれています。 最新話で番外編のたみくんガワのブルーも酷いな。 保育園が決まらないと仕事をやめざるをえなくなり、収入が途絶える。 相手は水無瀬です。

Next

サレタガワのブルー|ネタバレ23話!藍子に飽きてきた和正が選んだ次の相手は?

ぜひ、マンガmeeで「サレタガワノブルー」をチェックしてみてくださいね。 母に電話をしようとしたとき、通行人がぶつかってきます。 まさか、藍子のほかに不倫相手がいたなんて、しかももう一人の相手は妊娠しています。 続きが気になります! まとめ 「サレタガワのブルー」70のネタバレと感想をご紹介しました! 「サレタガワのブルー」は、 マンガmee を無料でダウンロードして読むことができます。 詳しくは後述しますが、 浮気をしやすい人の性格は「 ナルシスト」と言われています。 見てないと言う暢に「社外秘のメールとかあるから、一応」と釘を刺す藍子。

Next

【無料試し読みあり】サレタガワのブルー

SNSが全て本当だとしたら、受け入れがたい真実がそこにはある。 それも全て演技だと考えると ぞっとして血の気の引くような気持ちになりました。 お金の話(不倫によっての慰謝料)がともみの口から出た時、それに脅されるのは私だけじゃなく、あなたもだ!と藍子は言う。 離婚成立が知られる前に、Tと直接対決をしたいと思った梢は、和正の会社に乗り込んでやろうと思いつくのでした。 藍子……暢より3歳年上の妻。

Next