クリムト。 アール・ヌーヴォーとクリムト-世紀末ヨーロッパと現代日本社会 新時代の幕開け-

グスタフ・クリムト|日本に影響を受けたオーストリアの画家

こちらです。 そして、存在感を発揮していたクリムトは工芸美術学校を卒業した後、弟のエルンスト、画家仲間のフランツ・マッチュと共に絵画制作の注文を取るための事務所「キュンストラー・カンパニー」を開設します。 確かに、この絵画はこれからの悲劇が容易に想像できるように描かれています。 男女は色彩豊かな花畑に立っているが、花畑のふちに立っており崖のように見え、見る者に不安を与える。 当時の社会背景を考察しながら、現代日本との共通点を探っていきます。 装飾の原則は、ホールの構造上の制約から、プラスター壁面に装飾を施すもの。

Next

グスタフ・クリムトによる絵画作品の一覧|MUSEY[ミュージー]

彼は本作品で国家の援護を失うことになり、その後二度と国から注文を受けることはなかった。 クリムトは前年に一編の詩を書き残しています。 ダナエはユピテルの激しく至福的な愛撫を受け、頬は紅潮し恍惚の表情を浮かべている。 絵の対象としては自分自身に興味がない。 一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

Next

絢爛のクリムト作品に、ジャポニズムの影響!:日経ビジネス電子版

帝政オーストリアの画家。 この時描かれた作品『哲学』が「無秩序」で「途方もない作品」「ポルノグラフィーだ」などと酷評され大学という場にそぐわないと大学関係者からも嫌悪されたのです。 \燕子花図屏風は根津美術館が所蔵しています/ グスタフ・クリムトの作品 ユディト 出典: 旧約外典のユディト記に登場するユディトをモチーフに、将軍ホロフェルネスを殺害した直後を官能的かつ、妖艶性を含めて描いた一枚です。 作品の金色のフレームと紐が美術館の屋根の上で発見されたことから、夜の間に何者かが美術館の天窓からのような器具を取り付けた紐を垂らし、本作を吊り上げて盗み去ったか、もしくは何者かが天窓から美術館の中に侵入して本作を盗み去った可能性があると考えられていた。 当時どのような時代背景かというと、「世紀末」という言葉に象徴されます。 クリムトは、20世紀初頭のウィーンにおける有数の画家であり、特にエゴン・シーレに影響を与えた。 とはいえ、この蛇が本作に官能性を付与しているのは明らかであり、その左右に配された、やや抽象的かつ精子を思わせるような2本の蒲公英と共に、本作の幻想性をより豊かなものとしている。

Next

婦人の肖像 (クリムト)

本作で最も特徴的なのは、写実的に描写されるフリッツァ・リードラーの顔と、それとは全く対照的な、平面的・抽象的描写によって表現される背景や装飾具、家具などの対比にある。 多くの心にそれが叶うのは悪しきことだ。 さらに枝には一匹の隼(又は鷹)が留まっており、画家が装飾のモチーフとして用いたエジプトの美術において、古代から図案化されていた天空と太陽の神ホルスとの関連性も指摘されている(本作に描かれる三角形の目もホルスの目を思わせる)。 1897年にクリムトは、クントラーハウス(美術家組合)を嫌う芸術家を中心に、新しい造形表現を追求するウィーン分離派の会長に就任し、モダンデザインの成立に大きく貢献しました。 彼女はそれを訴えているのだ。

Next

グスタフ・クリムト

なかには、死や滅びを想起させる絵も存在します。 関連:. 同年、エゴン・シーレ、オットー・ヴァーグナー、フェルナント・ホードラー、コロマン・モーザーも死去する。 いやぁ、良い笑顔ですね。 また描かれた女性たちは、クリムト自身の女性への理想や幻想を表しており『聖女』であり『妖女』でもあるという二重性をもち、神話の女神やファム・ファタール(男性を惑わす、あるいは破滅させる宿命の女)妊婦など、美しくもどこか物悲しさが漂う神秘性を秘めています。 クリムトの特徴である、金色を多用した色彩、様式美すら感じさせる構図や画面内の人々のポーズや、装飾的で余白を効果的に使う作風などに、ジャポニズム様式への強い関心が感じられます。 アール・ヌーヴォーらしい華やかな装飾性と官能性をあわせもつ作風が特徴とし、これらの装飾性や金箔を多用した色彩、独特の構図やポーズはジャポニスムの影響を受けたといわれています。

Next

MEDE19F クリムトの世界をまとうネイルシールの会

このクリムトの「ダナエ」は1907年から約1年かけてオーストリアの偉大な画家であるグスタフ・クリムトによって描かれました。 そして1918年にクリムトは亡くなります。 東京都美術館の学芸員・小林明子氏が、より展示を楽しめるよう、クリムトの半生や作品を解説。 女神アテネの真正面を向き厳しい眼差しを向ける表情の表現にはクリムトも高く評価していたベルギー象徴派の画家フェルナン・クノップフの影響が指摘されているほか、クリムトらが伝統主義者(キュンストラーハウス)らと断絶し、結成したゼツェッション(ウィーン分離派)の象徴的作品となった本作のパラス・アテネが身に着ける黄金の甲冑の胸部に描かれる、舌を出した(見た者を石にするという逸話でも知られる)ゴルゴンは、ゼツェッションへの理解を示さない保守的な伝統主義者たちへの侮蔑・挑戦と解釈されている。 晩年は、世界的に流行していたスペインかぜの症状悪化による脳梗塞と肺炎を患い、クリムトはウィーンで生涯を閉じました。 1912年にので展示され、同じ年に所在がわからなくなっていた『若い婦人の肖像』という絵画の上から本作が描かれていることが、1996年4月頃に美術学生によって発見され、美術界で「2つのクリムト」として知られることになった。 19世紀末ウィーンを代表する画家 グスタフ・クリムト(1862-1918)。

Next

【クリムト】

ウィーン分離派の巨匠グスタフ・クリムトが19世紀中に手がけた作品の中で随一の傑作として知られる代表作『ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)』。 8cm、横約0. 本作では『』に示されたようなあからさまな攻撃性や病的とも受け取れる表現は影を潜めており、その内包的で保身的な表現は一部の賛同者たちからは「伝統への回帰」と批判も受けた。 さあ いくぞ」と主人公一行に伝え去って行き、彼は置き去りにされるのだった……。 しかしその頃の私は音楽に熱中し、世事にうといぼんやりした子供に過ぎなかった」と記しています。 その中で、地平線を高い位置に置き、画面全体を細かなタッチで埋めつくす独自の表現方法を生み出しました。 オーストリア最大の画家のひとりグスタフ・クリムトの母性を感じさせる代表作『希望 II』。 金箔が使われている。

Next

グスタフ・クリムト|日本に影響を受けたオーストリアの画家

主題であるバラも、背景の木々や草むらも、装飾的に表現されています。 リッチ・オッディ近代美術館.。 ウィーン版アール・ヌーヴォー(またの名を「ウィーン世紀末」)を推し進めたのは、クリムトが創設した芸術家集団「ウィーン分離派」でした。 また妊婦の足下には複数の若い女性が描かれており、この解釈については諸説唱えられているが、一般的には妊婦に対する妊娠未経験(処女)者たちの願いや祈りとされている。 2019年12月11日. 文:あやぱみゅ 金箔の華やかさの中で抑制されたエロス グスタフ・クリムトは19世紀末から20世紀初頭にオーストリアで活躍した画家です。 是非クリムト展を観る前に、予習としてご覧いただけたらと思います。 1894年 ウィーン大学の天井画を依頼される。

Next