トゥナイト2。 90年代グラビア女神(2) 「トゥナイト2」 岡元あつこ (2012年7月11日)

トゥナイト2

gstatic. hmix. Night Birds• に進行役として出演。 生江有二• Sくんの情報によると、けしからん単語でどう表現したらいいものか迷ったが お姉さんのお乳などが出てしまう番組 ということらしい。 加えて 兄は一度寝たら物音などでは絶対に起きないタイプ だった。 CS朝日で全3回にわたって放送され、司会者の石川次郎はじめ、山本晋也監督、乱一世などかつてのレギュラー陣が揃った第1回は、12月25日に放送された。 - 1995年から1998年まで出演。

Next

伝説の深夜番組『トゥナイト2』がクリスマスに復活! 石川次郎、山本晋也らが想いを語る

( 2013年7月)• 扱うトピックはアダルトビデオの撮影現場レポートや、性風俗店潜入など、生々しいものばかり。 (1993年4月 - 1994年3月31日) その他の出演者(リポーターなど) [ ]• search. 当時としては珍しいそうです。 アーティ・ショウはこの時のビリーの演奏を聴いて感動して自身のバンドに誘ったそうです。 山本が本番組で行っていたリポート企画は、番組の終了後に社会的問題や話題の人物についての人物考証へとシフトする形で昼の帯番組『』(水曜)に引き継がれた。 ただし、『』1992年10月7日号の「中森文化新聞 」で語った内容とは大きく食い違う点がある。 (1990年10月 - 1992年3月)• 視聴者が支持してくれていたからなのかな。 この出版を記念した同名のアルバムに収録されているタイトル曲。

Next

伝説の深夜番組『トゥナイト2』がクリスマスに復活! 石川次郎、山本晋也らが想いを語る

想像してみてほしい。 小久保とものしん(、当時テレビ朝日アナウンサー) - この番組に限り、ひらがな表記の名義を用いて出演していた。 (での第2部時間帯) 関連項目. 山本が番組中に口癖のように言う「ほとんど病気」はになったことがある。 現在もナレーターとして活動を続けており、最近では、愛人マッチングサービスを提供する会社「ユニバースグループ」の公式YouTubeチャンネルで展開されているパパ活普及目的の動画に出演するなど、相変わらず、豊富な性産業への知見を活かした仕事をしていた。 基本的に北野のリポートVTRのみに出演していた。 月曜日の顔といえば、この方。 伝説の深夜番組『トゥナイト2』が14年ぶりに復活した。

Next

90年代グラビア女神(2) 「トゥナイト2」 岡元あつこ (2012年7月11日)

との共演。 この後、とは不仲になります。 「AQUA」SHAZNA• 今ではこのような番組を制作するのは不可能ですが、古きよき時代のアーカイブとして今でも根強いファンがいる番組です。 中でもラブホテルで秘め事を自撮りするのが「ある愛のかたち」というシリーズで一世を風靡したシリーズになっています。 - 2001年に出演。 出演者 [ ] 司会 [ ]• スポーツニッポン. 乱:今ってお笑いの方とか女の子がレポートを務めることがほとんどだと思うから、僕や監督が当時やっていた男のレポーターって今思うと希有な存在だったのかな。

Next

90年代グラビア女神(2) 「トゥナイト2」 岡元あつこ (2012年7月11日)

最高で500万円、平均で300万円あった月収はほとんどゼロとなるも、2年後に『トゥナイト2』へカムバックした。 、、、のように本人が出演することあった。 - 1996年頃 [ ]に出演。 「メロディー」• 丁寧にお断りすると『M嬢でもいいから~』と口説かれました(笑)」 80年にスタートした「トゥナイト」は、94年4月にリニューアルされ、「トゥナイト2」として、より化していく。 『トゥナイト』時代からの出演者の1人であり、前番組と同様にリポーターを務めていた。 ( 2013年1月)• 過激だったんです」と当時の番組内容について話した。

Next

伝説の深夜番組『トゥナイト2』がクリスマスに復活! 石川次郎、山本晋也らが想いを語る

さんも 僕がいちばん素晴らしいと思うは、常に変わることなくです。 「AQUA」SHAZNA• 1997年8月、番組内で発した「2分間のCMの内にトイレに行かれる方はトイレへ行った方が良いですよ!」という失言はあまりにも有名。 『トゥナイト』時代からの出演者の1人であり、山本ともに「ランク10国」に出演していた。 (毎月金曜金曜日の翌日未明・早朝の金曜版の第4部時間帯以降)• 番組では、時代を経ても色あせない、今こそ振り返りたい人気企画を、レギュラー出演者の石川次郎、山本晋也、乱一世、髙尾晶子と共にじっくりと堪能する。 。

Next

トゥナイト (テレビ番組)

同記事のライターは、乱一世など本番組のリポーターの名前を騙って執筆したり、リポーターのせがわきりの下を訪ねて当時の思い出や番組に出るようになった [ ]。 外部リンク [ ]• 司会を務めていた石川次郎さんやレポーターを担当していた映画監督の山本晋也さん、乱一世さん、高尾晶子さんら当時のレギュラー出演者が再び集結し、CSテレ朝チャンネル2で25日から全3回にわたって放送される。 テナー・サックスは。 がまったく示されていないか不十分です。 本番組は、前身の『トゥナイト』よりも取り扱う情報の範囲を広げた。

Next