リクナビ 行政 指導。 行政指導・辞退率提供廃止、それでもリクナビから離れられない深い事情

リクナビと契約した37社に行政指導 三菱商事など公表:朝日新聞デジタル

顧客企業が就活生の個人情報をリクルートキャリアに送信すると、リクナビの閲覧履歴などを使って人工知能(AI)が計算した辞退率が取得できる仕組みだった。 再発を防ぐには、企業が個人データを顧客から預かった立場を踏まえ、データを扱う業務が適切かどうかを点検する必要がある。 リクナビのケースは、16年の同委設置以来、初の勧告となった。 同意がないのに企業に情報が提供された学生はこれであわせて2万6,000人を超えました。 採用難を背景にリクナビやマイナビなどへ広告を掲載する企業はそれぞれ毎年2万〜3万社にも上り、ここ数年は増加傾向にある。 この担当者は「8月は騒動の影響で、リクナビの担当者は営業を自粛気味だったのでは。

Next

リクナビと契約した37社に行政指導 三菱商事など公表:朝日新聞デジタル

同委員会はさらに自らデータを利用していたリクルートキャリアを除く37社にも個人データを扱う際の法的対応が不適切だったとして行政指導をした。 行政指導を受けたのはトヨタ自動車、三菱商事、三菱電機など37の企業です。 就職キャリア支援事務室の担当者は「これだけ騒動になっている中で、登録を勧めるようなことはできない」と語った。 職安法は、企業が同意を得ることなく個人情報を取得する行為を禁じており、厚労省は各地の労働局を通じて調査を進めていた。 指導対象は昨年春に開始の「リクナビDMPフォロー」と呼ばれるサービス。 辞退率を算出されたのは19年3月以降に約8万1千人、19年2月以前に約1万4千人の合計約9万5千人。 批判を受け、リクルートキャリアは8月にサービスを廃止した。

Next

リクナビ問題、トヨタや三菱商事などに行政指導 政府委

リクルートキャリアは8月26日、19年3月以降に算出した約8千人分について、就活生の同意なしに辞退率を予測して企業に売ったとして改善勧告を受けた。 今後の展開は12月中に発表するという。 2019年9月5日 木 リクナビに行政指導へ 共産党が厚労省に厳しく要求 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリア(東京)が学生の「内定辞退率」の予測データを企業に販売した問題で、厚生労働省が同社に職業安定法に基づく行政指導を行う方針を固めたことが4日までに分かりました。 また、リクルートキャリアが「ハッシュ化すれば個人情報に該当しない」という誤った認識のもと、顧客企業から提供を受けた氏名を使って、内定辞退率を算出していた点も問題視した。 再発防止のために個人データ活用の指針を制定するという。 05 08:00 リクナビ問題で行政指導 三菱商事 トヨタなど トヨタや三菱商事などを行政指導しました。

Next

リクナビと契約した37社に行政指導 三菱商事など公表:朝日新聞デジタル

リクナビの利用についても「急に使わないようにはできないが、付き合い方は変わるかもしれない」という。 そのうえで同委員会の担当者は、顧客企業が内定辞退率を合否判定に使っていたかどうかよりも内定辞退率を算出するサービスを使っていた事実を「学生にきちんと周知していなかった点が不適切」と強調した。 「そんなことは百も承知で、あくまで採用戦略、内々定後のフォロー戦術を考える上での「補助的」なツールとして提供を受けた情報を活用しただけだ」という反論は予測されるところではあるのだが、それなら、 既に名前が挙がってしまっている各社には、個人情報の取扱いに関する法的な対応の当否に関して一定の結論が出た段階で、ちゃんとその辺も含めて語っていただきたいな、と思わずにはいられない。 関連リンク• 」というスタンスを取っていたのも、「辞退するかどうかと本人の能力は関係ない」という建前論以上に、 現時点において「開発段階のサービスが弾き出したスコア」から何かを判断するのは無理がある、という限界を自認していたからではないか、というのが自分の見立てで、それなら最初に騒ぎが生じた時点で、 「学生にとっては、企業とのコミュニケーションを取る機会を増やすことができます。 関連リンク• 厚労省の東京労働局も問題発覚後の8月上旬から調べていた。 トヨタ自動車などは2018~19年、自社の志望学生によるリクナビの閲覧履歴や過去の就活生のデータなどを基に作られた辞退率を学生の同意を得ずにリクルートキャリアから受け取った。 JIPDECがリクルートキャリアのプライバシーマークを取り消した。

Next

リクナビに行政指導 辞退率販売、職安法に違反 :日本経済新聞

ある大手製造業の人事担当者はリクナビへの出費が年間1億円を超えると明かす。 採用担当者負担を軽減する狙いでリリースしたが、学生への配慮が不足していた他、社内のチェック体制が機能していなかったという。 民間事業者による個人情報漏えいなどの報告数は、前年度比140件増の4520件だった。 2度目の勧告を出した主な要因は、リクルートキャリアが「個人情報保護法の趣旨を潜脱した極めて不適切なサービスを行っていた」(同委員会の公表資料)ためだ。 アフラック生命保険、イオンフィナンシャルサービス、京セラ、大和総研、トヨタ自動車、富士ソフト、三菱商事、三菱電機、りそな銀行、YKK、アイシン・エィ・ダブリュ、アスパーク、NTTコムウェア、NTTファシリティーズ、コロワイド、三和、JFEスチール、住友電装、ソライズエンジニアリング、太陽生命保険、大同特殊鋼、テクノプロ・エンジニアリング、テクノプロ・デザイン、デンソー、デンソーテクノ、東海理化、東京エレクトロン、ビッグモーター、本田技術研究所、メイテック、遊楽、リクルート、レオパレス21、ワールドインテック、他3社(サービス契約社だが、辞退率データを受けていないとして社名は非公表) PR. また、多数の個人データが違法に掲載されたウェブサイトを確認したものの、運営者が分からないケースがあったと指摘。 だが再調査の結果、12月4日時点でスコア提供の対象になった学生は9万5590人、事前同意を得ていなかった学生は2万6060人に上るという。

Next

リクナビ問題でトヨタなど行政指導…就活生同意なく内定辞退率を入手 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

小林大三社長が登壇し、学生の内定辞退率を予測したデータを企業に販売していた件の背景を語った。 ここまで「指導」を受けた事業者側の話を長々と書いてしまったが、問題のサービス自体、「貰い手」がいるから成り立つわけで、未だ全容が明らかになっていない「貰い手」側の残念な部分にも少し言及しておかなければならない。 小林大三社長が登壇し、学生の内定辞退率を予測したデータを企業に販売していた件の背景を語った。 同委は5件の勧告について、対象の名称など詳細は明記していない。 リクナビDMPフォローは、リクルートキャリアが18年3月〜19年8月に提供していた。

Next

【リクナビの内定辞退率問題】狂騒の末の「行政指導」は、この先何をもたらすのか? (1/2)

が、「(1度目の勧告の)原因となった事項以外にも個人情報保護法に抵触する事実が確認されたため、あらためて勧告した」(同委)という。 同社はJIPDECの認定個人情報保護団体からは脱退しない。 個人情報保護委はこれに加え、リクナビ側と契約した企業側にも、法令違反の不適切な行為があったとし、行政指導を行った。 学生らの個人データの扱いが不適切だったと判断した。 サービス利用の申し込みがあった企業は38社で、そのうち実際にスコアを提供したのは35社だったという。 また、 メールや電話による内定者フォローを強化している企業も増えつつある一方で、過去5年で「学生による辞退率」は大きく増加しているのが現状です。 同じく都内の私立大学は10月からの学生向け就活ガイダンスのいくつかの講師をリクナビの担当者に任せる予定だったが、取りやめたという。

Next