越谷 市 ハザード マップ。 洪水ハザードマップ

小千谷市土砂災害・洪水ハザードマップ

近年のゲリラ豪雨、大型台風などによる被害の増大に伴い、想定し得る最大規模の洪水に対する避難体制を強化するため、国は「浸水想定区域」を見直しました。 以下は、表面に掲載した地区別の土砂災害ハザードマップです。 もしもの災害に備え、このハザードマップを活用し、避難する場所や避難時の心得、災害の備えなど、日頃からご家族の皆さんや地域の皆さんで話し合い、確認しましょう。 山崎ため池ハザードマップ 山崎ため池ハザードマップは、指宿市開聞十町地内にある山崎ため池において、大雨によるため池の水位上昇や、地震等により亀裂が生じ、決壊が想定される場合の備えとして、住民の皆さんに役立つ情報を地図上に分かりやすく示したものです。 そこで、記録的な豪雨など「いざ」というときの備えとして、浸水実績のあった区域や避難場所等などをとりまとめました。 Q8 自助・共助・公助とは何ですか? これを受けて、これまで市が発行していた「守谷市防災ガイド」を全面改訂し、「守谷市防災ハザードマップ」を作成しました。 当該市町村の地震ハザードマップを御覧になりたい場合には、直接市町村にお問合せください。

Next

越谷市内水ハザードマップ(浸水実績図を活用した手法によるもの) 越谷市公式ホームページ

地震時における市街地の危険性を公表、周知することにより、建築物の耐震不燃化、避難地・避難路・防災拠点の整備等防災まちづくりの一層の推進を図ることを目的としています。 独自に情報収集する際の参考にしてください。 大雨によって河川が増水し、堤防が決壊したりあふれたりする氾濫が発生した場合に、浸水が想定される範囲とその程度、及び地域の避難場所を示した地図です。 (注意)洪水ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。 詳しくは、をご覧ください。 「公助」とは、市役所や消防・警察による救助活動や支援物資の提供など、公的支援のことを言います。

Next

小千谷市土砂災害・洪水ハザードマップ

なお、市内には多数の土砂災害危険箇所がありますが、「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」として指定し、公表した347箇所の危険箇所を栃木県のホームページにある、「とちぎ地図情報公開システム」で「とちぎ土砂災害警戒区域マップ」を掲載しています。 また、国土交通省「ハザードマップポータルサイト」でも調べることが出来ます。 (注意)このサイトに情報を公開していない市町村もありますので、ご注意ください。 災害時に自力で避難することが困難であり、避難する際に支援が必要な方のことです。 災害時には、自助・共助・公助が互いに連携し一体となることで、被害を最小限にできると共に、早期の復旧・復興につながるものとなります。 参考資料• 各市町のホームページや窓口などでご覧になることができますので、各市町へお問合せください。 過去に作成・配布した洪水ハザードマップはこちら 信濃川のほかに、茶郷川・湯殿川・表沢川、茶郷川上流部、須川、焼田川の洪水避難地図も掲載しています。

Next

洪水ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ 土砂災害ハザードマップは、土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)に基づき、栃木県が「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」に指定し、公表した区域図と現況図を重ね合わせる形で作成しました。 内水ハザードマップ、洪水ハザードマップともに、浸水被害に対して円滑な避難行動や平常時からの防災意識の向上を目的に作成しています。 表面に土砂災害、裏面に信濃川の洪水ハザードマップを掲載しています。 Q10 災害用伝言ダイヤル(171)とは何ですか? 被災の低減を目的に活用してください。 以下のページ内でご覧いただけます。

Next

越前市洪水ハザードマップ

災害発生時に皆さんが取るべき行動の確認や、事前の備えとして、ぜひご活用ください。 発令されたら、速やかに避難場所へ避難してください。 また、中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区についても平成30(2018)年3月に改定をしました。 (第5章液状化の予測16ページに「液状化のしやすさ分布図」を掲載)• 以下のページ内でご覧いただけます。 外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、近くの安全な場所への避難や自宅内のより安全な場所に避難をしてください。 (注意)平成31年1月に姿川・田川洪水ハザードマップが改訂されました。

Next

洪水ハザードマップ

マップを通して想定される災害を事前に知り、日頃から防災意識を持つことが大切です。 その他参考となるページのリンク集• もしもの時に備え、ハザードマップで危険箇所や浸水想定区域、避難所を再度確認しましょう。 Q5 どの様な場合に避難勧告や避難指示(緊急)が発令されるのですか? 越谷市が位置する埼玉県南東部地域は、利根川、江戸川、荒川などの一級河川が貫流する低湿地帯であり、地勢的にも治水対策は欠くことのできない重要な施策として、これまでも、国・県による河川整備等にあわせて、市管理河川の整備や市内ポンプ場の整備などを実施してまいりました。 また、地区市民センターの窓口でも地域別に配布しておりますが、在庫に限りがある場合がありますのでご了承ください。 一級河川田川・田川流域で6時間の総雨量が365ミリメートル• 現在配布しております「守谷市防災ハザードマップ」は、守谷市ひがし野地区の一部の地番が区画整理時の仮地番で表示されております。 一方、大雨による浸水被害は、近年、都市化の進展や地球規模的な気象の変化などから、局地的な大雨による被害も発生しています。

Next

指宿市防災ハザードマップ

(土砂災害危険箇所は国が示した調査要領に基づく結果であり、法律に基づく指定区域(急傾斜地崩壊防止区域、地すべり防止区域、砂防指定地、土砂災害警戒区域等)とは異なります。 避難指示(緊急)は、災害は発生するなどの状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合に発令されます。 信濃川が氾濫するおそれがある場合、市から避難情報を発表しますので、早めの避難を心がけてください。 その他の人は、避難勧告や避難指示(緊急)が発令されたら速やかに避難できるように、避難の準備をしてください。 この水防法改正に伴う、国土交通省の新たな浸水想定区域等の公表に基づき、本市におきましても平成16(2004)年に作成した洪水ハザードマップの改定作業を進め、川崎区・幸区のハザードマップを平成29(2017)年5月に改定しました。

Next

ハザードマップ/川口市ホームページ

掲載日:2019年8月19日 洪水ハザードマップ 洪水ハザードマップとは?• また、交通防災課窓口でも配布しております。 以下のホームページから土砂災害や信濃川の水位などの防災関係情報を取得することができます。 裏面に掲載した洪水ハザードマップは、土砂災害ハザードマップの下に掲載しています。 地区別土砂災害ハザードマップ (注意)令和2年3月に、上河内地区・河内地区における土砂災害ハザードマップが改訂されました。 避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)を合わせて、避難情報と呼んでいます。

Next