モト冬樹 スズメ。 モト冬樹の『違法スズメ保護』に賛否両論 「素晴らしい行動」「自然に返すべき」

モト冬樹の『違法スズメ保護』に賛否両論 「素晴らしい行動」「自然に返すべき」

今更ながら、モト冬樹さんがブログでスズメを保護したということを報告していなければ問題視されることなく…と思ってしまうのですが、今回メディアにも取り上げられ大きな注目を集めたことによって、今後良い預け先が見つかるといいなと思います。 モト冬樹さんと由美さんはそれぞれのブログで頻繁にチュンちゃんについて綴っており、夫婦に完全に懐いている様子で肩に乗っている写真や動画などを多数投稿しています。 「知識や技術がない人が野鳥を飼うと、鳥にもよくありません。 モト冬樹の知人と一緒に ディナーショーに嫁の武東由美が 訪れたのがきっかけ。 自治体が受け入れたり、獣医の診療へバトンタッチすることもある。

Next

モト冬樹の『違法スズメ保護』に賛否両論 「素晴らしい行動」「自然に返すべき」

タレントのモト冬樹が2017年に野生のスズメを保護し、東京都の環境局から飼えないと指摘されても飼い続けていることが話題になっている。 ・ルールとはいえスズメを放せだなんて、命を捨てるも同然だと思う。 本当の親子になれた実感があったと モト冬樹は結婚式の翌日の 2017年6月18日のブログにて 語っています。 週刊女性によると、モトさんが東京都の担当者に相談したところ、違法捕獲だと注意を受けたという。 死ぬことは新しい命への再生でもある。 でも生かさなきゃいけないじゃない。 これには、MCの今田耕司(52)は「絶対帰ってこうへん」と指摘していた。

Next

モト冬樹、スズメ飼育で都から違法通知届く→なんか冷たい法律。

俺だって普通のスズメだったら放してるよ。 子どもだったから、そのままにして外で生きるのは無理じゃん。 また、野鳥の保護・飼育が法律で禁じられている理由について『日本野鳥の会』に所属する葉山政治さんは、 「スズメやハトのような野鳥は、日本の生態系を構成する重要な要素であり、国民全体のものなので、大切にしなければなりません。 まだ飛べない状態だった。 タレント・モト冬樹さん(本名=武東裕男 むとう・ひろお 66歳)が、野生のスズメを保護し、違法飼育していることを13日発売の週刊誌『週刊女性』が報じており、これに対してネット上では様々な声が上がっています。

Next

小倉智昭、モト冬樹のスズメ飼育問題に「大岡裁き」

そんなことしたらカラスのエサになることはわかってるんだからさ。 そして2009年には結婚の意志を示し 2010年5月5日に結婚をしました。 傷ついたスズメなどを保護し、そのまま愛着がわいてしまう、ということも十分にあり得る。 実は、ペット以外の野生の鳥獣(爬虫類や両生類、昆虫などは除く)を許可なく捕獲することはもちろん飼うこともできない。 「死にそうだったスズメをなんとか生き返らせて、色んな方に相談して今まで…。 厳しい表現になるが、人間に保護されなければ死んでしまうような個体は、自然界の生存競争でも淘汰されていただろう。

Next

モト冬樹のスズメ飼育保護は間違い!違法!野鳥ヒナ迷子は嘘の理由!

専門家もこのように語っているのですが、『週刊女性』の直撃取材を受けたモト冬樹さんは、チュンちゃんを保護・飼育を続けている理由について、 「元気になっても自分でエサも取れない、飛ぶこともままならない。 しかし現在発売中の「週刊女性」では、モトが今月、東京都環境局から違法飼育にあたるとして放すよう指導を受けたと報じ、ウェブ版「週刊女性PRIME」ではモトが行政指導に猛反論する映像も公開した。 飼育して数年たつと、栄養過多でぶくぶくに太ったり、羽が抜けたり、関節の病気になるなどの障害が出てしまうことが多いからです。 俺の意識が変わったのは、今までスズメなんか気にしてなかったけど、今ではどこかでスズメを見ると、自然と目がいっちゃうんだよね。 野鳥のスズメを飼育は違法? 実はスズメ等の 野鳥は生態系維持のため飼育はおろか、保護することも鳥獣保護管理法で禁止されています。 タレントのモト冬樹が13日、テレビ朝日系「グッド!モーニング」で、スズメの「ちゅんちゃん」を保護し、育てていることが違法であると一部週刊誌に報じられたことを受け、先週、東京都から違法を知らせる書面が届いたことを明かし、「諦めるしかないのかな」と悲しげな表情を浮かべた。 なぜ、野生のスズメを保護して自分で育ててはいけないのか。

Next

モト冬樹、スズメ飼育で都から違法通知届く→なんか冷たい法律。

捕獲許可が出ていないのだから、登録販売者から正式に購入したもの以外、愛玩目的のメジロの飼養も違法ということになる。 (画像引用元:) この ヒナは迷子ではなく、巣から巣立ち、飛び方やエサのとり方、身の守り方を学んでいる時期の可能性があるのです。 葉山政治さんはさらに野鳥の保護・飼育を禁じている理由について、 「野生の生き物を個人が勝手に捕獲し、飼育してもいいとなると、いっさいの歯止めがなくなって売買する人が出てきます。 そのため、モトさんがその許可等を得ることなく捕獲したということであれば、鳥獣保護法に違反するという判断がされる可能性が高いように思われます。 焼いて食べてもいいし、都道府県などに飼養の登録をすれば飼ってもいい。 Twitterでも討論が繰り広げられている。

Next